ドコモのプランをahamoに切替! dカード GOLD利用者は要注意!

コラム 共通ポイント

【更新2】ドコモのプランをahamoに切替! dカード GOLD利用者は要注意!

2021年5月6日

筆者は様々なケータイキャリアのスマホを保有しているが、今回はドコモのプランをahamoに切り替えることにした。

ahamoへの切替は比較的簡単だ。ahamoサイトで「料金プラン変更のみ」にチェックを入れて「次へ」をタップ。

ahamoへの切替

ahamoへの切替

料金プラン変更に関する注意事項が表示される。保有している端末がahamoに対応していることを確認し、「上記内容を確認しました」にチェックを入れて「手続きへ」をタップ。

手続の確認事項が表示され、料金プランの選択画面で「ahamo」を選択。音声オプションなどを選択する。なお、廃止となるサービスをしっかり確認しておこう。

ahamoへの切替で廃止するサービス

ahamoへの切替で廃止するサービス

例えば、「ドコモ子育て応援プログラム」は終了となる。筆者は子供が3人いるため、毎年9,000ポイントを獲得できていたが、ahamoへの切替で終了だ。

「ドコモ子育て応援プログラム」を申し込んだ! 誕生月に3,000 dポイント獲得可能!

目次1 ドコモ子育て応援プログラムとは?2 ドコモ子育て応援プログラムを申し込むには?3 ドコモ子育て応援プログラムの登録状況を確認する ドコモ子育て応援プログラムとは? ドコモは、2016年11月1 ...

続きを見る

また、「ずっとドコモ割プラス」も終了となる。筆者の場合は毎月720ポイントの獲得となっている。

「ずっとドコモ割プラス」でdポイント受取を指定! 割引よりも1.2倍おトク!

目次1 ずっとドコモ割プラスって何?2 ずっとドコモ割プラスをdポイントで受け取る設定は?3 ずっとドコモ割プラスでdポイントをゲット!4 ずっとドコモ割プラスのdポイントは期間・用途限定ポイントに ...

続きを見る

毎年の9,000ポイントと毎月の720ポイントを考えると、毎月1,470円分安くなる場合はahamoへの切替の方がおトクとなる。もちろん、筆者の場合はデータSパックとなるため、2GBから10倍の20GBになるため、単純な金額比較はできないが、それでも1,470円以上安くなると思われる。

実際に確認したところ、12月~3月の間は毎月9,000円程度、4月以降は4,500円以下になっており、1ヵ月4,000~5,000円ほど下がっているため、1,470円分のポイントがなくなるのは問題ない。

ahamoへの切替での料金変化

ahamoへの切替での料金変化

自動廃止となるサービスについて、1つずつ確認されるため、チェックをつけていく。手続内容の確認後、「この内容で手続を完了する」をタップすると手続が完了する。

ahamoの切替が完了

ahamoの切替が完了

さて、ahamoへの切替で問題になってくるのはdカード GOLDだろう。dカード GOLDはドコモやドコモ光の利用料金が10%dポイント還元となる。筆者はドコモのみだ。

なお、ahamoの場合、dカード GOLD特典が変更となる。まず、dカード GOLD保有で10%になるのは「ドコモ光」の利用料金のみ10%還元対象となり、ahamoの場合は対象外。

ドコモ料金プランとahamoでのdカード GOLD特典を比較

ドコモ料金プランとahamoでのdカード GOLD特典を比較

ただし、ahamoの場合はdカード GOLDで支払った10%のdポイントが還元される。しかし、上限は300ポイントのため、年間で獲得できるのは最大でも3,600ポイントだ。

つまり、ahamoの場合は、ドコモ光を利用しているかどうかが重要となり、それ以外の場合は、ドコモの料金だけでdカード GOLDの年会費以上トクをするのは難しい。

2021年9月以降はdカード GOLDでahamoの料金を支払っていると、ahamoの利用可能データ量が+5GB増量となるため、毎月のデータ量が20GBを超え、+5GBをどう考えるかがdカード GOLDを継続するメリットがあるかどうかだろう。

筆者は獲得できるポイントがどうなるかを一度確認してから、dカード GOLDを継続するかを検討するつもりだ。

2021年5月6日 15:55更新

ahamoでの10%還元は、ahamoの料金をdカード GOLDで支払うかどうかではないため、該当部分を修正しました。

2021年5月11日 20:30更新

2021年9月以降に開始する+5GB増量については、dカード GOLD"保有"ではなく、dカード GOLDでの"支払い"が条件でしたので修正しました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース