You Are Here: Home » コラム » 楽天スーパーポイントをザクザク貯めるための式 Rポイントカード+楽天カード+楽天Edy+楽天チェック

楽天スーパーポイントをザクザク貯めるための式 Rポイントカード+楽天カード+楽天Edy+楽天チェック

楽天スーパーポイントをザクザク貯めるための式 Rポイントカード+楽天カード+楽天Edy+楽天チェック

2014年10月1日(水)から開始する楽天の共通ポイント「Rポイントカード」。TカードやPontaカードのように、加盟店でRポイントカードを”提示する“と楽天スーパーポイントを貯めることができるようになる。

開始時点では、コンビニのサークルKサンクスやポプラ、飲食店のミスタードーナツやプロント、百貨店の大丸・松坂屋など約1万3400店が参加する(「Rポイントカード、11社との提携により、全国約1万3,400の店舗で利用可能に」参照)。

基本的な機能はTカードやPontaカードと同じため、今回はRポイントカードとTカード・Pontaカードとの違いを説明し、楽天スーパーポイントがザクザクたまる方法を紹介したい。

Rポイントカードは1人3枚まで登録することが可能

Tカードは基本的に1人1枚しか保有できない。複数枚のTカードを保有している場合、それぞれのTポイントを合算することはできないのだ。Pontaカードの場合はグループを作れば、Pontaポイントを統合することが可能だ。しかし、グループオーナー以外はPontaポイントを利用することができない仕組みとなっている(「Pontaのグループ機能利用方法」参照)。

Rポイントカードは楽天ID 1つにつき3枚まで登録が可能だ。これは意外と便利に使える機能だろう。例えば、財布に1枚、会社の引き出しに1枚、よく使うバッグに1枚入れておくと、自宅に財布を忘れて出勤したとしても、机の中のRポイントカードを利用し、コンビニで楽天スーパーポイントを利用して買物をすることも可能となる。

地味だが便利な一時停止機能

また、Rポイントカードは一時停止機能がある。例えば、Rポイントカードが見当たらない場合、一時停止機能を利用し止めておくことができる。見つかった時に、有効化手続きを行えばそのRポイントカードはまた利用できるようになるのだ(「Rポイントカードの登録方法、一時停止方法、削除方法」参照)。

この一時停止機能が地味に便利な機能となっている。Rポイントカードを一時停止すると、Rポイントカードの全機能が停止するわけではない。Rポイントカード加盟店で提示するとポイントを貯められるが、ポイントの利用はできなくなるという状態だ。

先ほど書いたように、Rポイントカードは3枚まで保有することが可能だ。予備の会社の引き出しに置いてあるRポイントカードやバッグの中に入れてあるRポイントカードは、最初から一時停止しておけば良い。もし盗まれた(盗まれたことに気が付かなかった)としてもポイントが使われることが無いので安心だ。

財布を忘れて、Rポイントカードのポイントを使いたい場合は、スマホで楽天サイトにログインし、有効化すると直ぐにポイントを利用できるようになる。

実際に盗まれた場合は、楽天にログインし、該当のRポイントカードを削除すれば良い。新たなRポイントカードを手に入れ、楽天IDに登録し、また一時停止しておく。地味だが、非常に便利で安心できる設計になっている。

楽天スーパーポイントの4重取りも可能

Rポイントカードが登場し、リアル店舗でも楽天スーパーポイントが貯めやすくなった。楽天には様々なサービスがあるため、それらを組み合わせることによって、1回の買い物で4回楽天スーパーポイントを貯めることも可能になった。

コンビの「ポプラ」での買い物を考えてみよう。

楽天スーパーポイントを貯める楽天カード、楽天Edy、楽天チェック、Rポイントカードの図解

まず、楽天カード利用者向けの楽天e-NAVIにログインする。次に、楽天Edyにチャージをすると200円につき2楽天スーパーポイントを獲得できる。2,000円チャージした場合は20ポイントを獲得できる。

楽天カードで楽天Edyにチャージすると200円につき1楽天スーパーポイントを獲得できる。2,000円チャージした場合は10ポイント獲得可能だ。

次に、ポプラに行き、1,000円(税抜)の商品を購入したとする。支払い時にRポイントカードを提示し、チャージした楽天Edyで支払う。Rポイントカードの提示で100円(税抜)につき1楽天スーパーポイントを獲得できるため、10ポイントの獲得だ。楽天Edyで支払った時に200円(税込)につき1楽天スーパーポイント獲得できるため、5ポイント獲得できる。

最後に、ポプラ店内で、楽天チェックを起動しチェックインすると10楽天スーパーポイントの獲得となる。

行動 ポプラでのポイント付与率 今回の獲得ポイント
楽天e-NAVIで楽天Edyにチャージ
楽天カードで楽天Edyにチャージ
200円につき2ポイント
200円につき1ポイント
20ポイント
10ポイント
Rポイントカードの提示 100円(税抜)につき1ポイント 10ポイント
楽天Edyで支払い 200円(税込)につき1ポイント 5ポイント
楽天チェックでチェックイン 10ポイント 10ポイント

消費税が8%の場合は、1回1,080円(税込)の買い物で25ポイント獲得でき、さらに楽天Edyチャージの時に1%分0.5%分のポイントを獲得できているというわけだ。

Rポイントカード、楽天カード、楽天Edy、楽天チェックを利用すると、リアル店舗で面白いように楽天スーパーポイントが貯まっていく。楽天ユーザであれば、Rポイントカードは必須アイテムになるだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 904

© 2013 ポイ探

Scroll to top