You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 住信SBIネット銀行のミライノ デビットPLATINUM+ミライノ カードGOLDでスマプロランクは4になる? 無料振込回数が増えて便利だがアプリでの振込はNG!

住信SBIネット銀行のミライノ デビットPLATINUM+ミライノ カードGOLDでスマプロランクは4になる? 無料振込回数が増えて便利だがアプリでの振込はNG!

住信SBIネット銀行のミライノ デビットPLATINUM+ミライノ カードGOLDでスマプロランクは4になる? 無料振込回数が増えて便利だがアプリでの振込はNG!

ミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)とミライノ カードGOLD(JCB)の2枚持ちはメリットある?

筆者はミライノ カードGOLD(JCB)を保有している。しかし、新たにミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)を申し込むことにした。

年会費1万円(税抜)のミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)を保有していると、住信SBIネット銀行のスマートプログラムのスマプロランクが+2となる特典がある。筆者は年会費3,000円(税抜)のミライノ カードGOLDを保有・引き落とし口座に住信SBIネット銀行を指定しており、こちらも+2の特典がある。

住信SBIネット銀行のランク制度は1~4まであり、ランクによってATM利用手数料無料回数や他行あて振込手数料無料回数などが異なる。ミライノ デビットPLATINUMやミライノ カードGOLDを保有しているだけで最低ランク3となり、他行宛振込手数料の無料回数も月7回と非常に使い勝手が良い。

また、最近ではネット銀行でもATM利用手数料が1回から有料となる銀行もあるが、住信SBIネット銀行は他行あての振込手数料も月1回無料と言うのがメリットだろう。

ランク ATM利用手数料無料回数 振込手数料無料回数
ランク4 月15回 月15回
ランク3 月7回 月7回
ランク2 月5回 月3回
ランク1 月2回 月1回

ミライノ カードGOLDとミライノ デビットPLATINUMを両方保有したとき、+2+2=4が適用されるわけではなく、+2がマックスとなる事は確認していたが、実際にそうなのかを確認してみることに。

ログイン後、「ランク」が表示されている所をクリックする。

今月の適用ランクが表示されるはずだ。下の方に、基本ランク+ランクアップについての解説が書かれている。今月は基本ランクが3、ランクアップが2となり、ランクは最大の4が適用されていることがわかる。

この、ランクアップ2の下に「[+] ランクアップ条件を確認する」とあるため、クリックすると次のような表記がある。やはり、+2の条件については合算されることはなく、+2の特典は1つのみと言う事がわかる。

ミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)はMastercardのTaste of Premiumを利用できたり、国際線空港ラウンジを利用できるラウンジ・キー(LoungeKey)を年間3回まで利用できるなどの特典を利用できる。デビットカードのため、基本的な震災もない。保有したい場合は住信SBIネット銀行のサイトで「ブランド・グレード切替お手続き」から申請するだけでカードが発行される。

年会費1万円(税抜)で入手できるプラチナカードは珍しく、プラチナカード特典を利用したい場合は、ミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)はおすすめだ。

ただし、コンシェルジュデスクが付帯しないなど、通常のプラチナカードとしての特典を考えた場合は、年会費2万円程度のプラチナカードの方が良いだろう。

住信SBIネット銀行のアプリでは振込NG

なお、筆者は子供関連の振込などは、ほぼ全て住信SBIネット銀行を利用しており、7回以上は振り込みしているため、ランク4の特典を便利に使っている。今回の内容とは直接関係ないのだが、最近気になったことがあったので紹介したい。

住信SBIネット銀行では「スマート認証」というアプリがあり、ログインロックなどをアプリで操作することができる。振込の承認などもアプリで行わなければ振込が完了しないなど、第三者にログインID・パスワードが漏れたとしてもログインや振込ができないためセキュリティもしっかりしている。

しかし、住信SBIネット銀行はアプリでの振込はおすすめしない。これは今後修正されるとは思うのだが、現時点では振り込みできていないことがある。

PCでの振込の場合は、スマート認証アプリでロックを解除してからログインする。ログイン後、振込手続きをして、アプリで「承認」すると振込が完了だ。アプリの場合も基本的には同じで、スマート認証アプリでロックを解除して、住信SBIネット銀行のアプリで振込手続きをする。最後にアプリで「承認」すると振り込めているはずなのだが、振り込めていないことがある。

以下は、スマート認証の承認履歴画面となる。6月12日に1回、13日に2回振込手続きを行い、「承認手続済」となっている事がわかる。

6月12日の行をタップし詳細を確認すると、「振込」手続きに関する承認を行っていることがわかる。

しかし、振込結果をweb上で行うと次のような結果となる。上記の赤枠の振込結果(2件)が抜けている。そのため、6月14日に急いで振込をした。一番上の振込は、気がついたのが遅かったため17日(月)の振込となり、本来12日に振り込めていた物が遅れてしまった。

今まで、webサイトから振込手続きをして、このような反映されなかったことがなかったため、安心して利用していたのだが、アプリからの振込だけは気をつけなければならない。確かにスマート認証の詳細画面には「取引完了は本画面では確認できません。必ず当社サイトでご確認ください。」とある。

それでも、正常に手続きしたにもかかわらず振り込みできていない事があるのは、安心して使えるアプリではない。住信SBIネット銀行から振り込むときはwebでの振込が良いだろう。

なお、記事に対するコメントで、「スマート認証終わった後に、もう一度銀行アプリに戻らないといけない仕様」というコメントを頂いた。認証後に、再度銀行アプリに戻れば振込が完了するようだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 964

© 2013 ポイ探

Scroll to top