You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ミライノ カードPLATINUMとミライノ デビットPLATINUMには画面バキバキになったスマホもタダで修理できる特典が!

ミライノ カードPLATINUMとミライノ デビットPLATINUMには画面バキバキになったスマホもタダで修理できる特典が!

ミライノ カードPLATINUMとミライノ デビットPLATINUMには画面バキバキになったスマホもタダで修理できる特典が!

筆者が保有しているミライノ デビットPLATINUMだが、気になる特典が追加されていることが判明した。

「モバイル端末の保険」が追加されており、スマートフォンなどのモバイル端末機器が破損・故障した際に、年1回最大50,000円まで補償を受けることができる。また、カード本人だけでなく、同居の家族が保有するモバイル端末機器も補償の対象となる。

保険金の支払い対象は破損・損壊・水漏れ・水没・故障・盗難となり、修理可能な場合は50,000円が上限で修理費用の実額が支払われる。修理不要の場合は12,500円が上限で購入価格の25%が支払われる。

対象機器は、スマートフォンやタブレットだけでなく、デスクトップパソコンやノートパソコン、スマートウォッチ、モバイルゲーム機、モバイル音楽プレイヤーも対象だ。通信端末機器が対象となるため、Wi-Fi接続ができる製品に限られる。なお、付属品の故障などは対象外だ。

クレジットカードで購入した場合はショッピング保険が利用できる場合があるが、モバイル機器についてはショッピング保険の対象外となる事が多い。

また、ショッピング保険は購入から90日間や180日間などの条件があるため、購入して3~6ヵ月以上過ぎた製品については対象外となる。

こんな場合でも、ミライノ カードPLATINUMやミライノ デビットPLATINUMを保有している場合は50,000円を上限として修理することが可能だ。以前、購入して1週間で画面が割れたスマートフォンでも無料で修理できたことになる。

ミライノ カードPLATINUMは年会費25,000円、ミライノ デビットPLATINUMの年会費は10,000円(税抜)とプラチナカードとしては安い。この特典だけでもカード入会するメリットはありそうだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1098

© 2013 ポイ探

Scroll to top