コラム テクニック

自宅で請求書払い! 「LINE Pay請求書支払い」を使ってみた! LINEポイントもゲット!

2020年4月5日

自宅にいても請求書を支払う事ができる!

2020年3月31日(火)より、au PAYが公共料金などの請求書(払込票)のバーコードを読み取ると、au PAY残高から支払う事ができるサービス「au PAY(請求書支払い)」を開始した。

au PAY、公共料金などの請求書支払いが可能となる「au PAY(請求書支払い)」サービスを開始

au PAYでは、2020年3月31日(火)より、公共料金などの請求書(払込票)に記載されたバーコードを読み取る事で、au PAY残高から支払が可能な「au PAY(請求書支払い)」サービスを開始した ...

続きを見る

通常、請求書が送られてきた場合は、金融機関やコンビニで支払う必要がある。コンビニはいつでも支払できるが、コンビニまでは行かなければならない。

「au PAY(請求書支払い)」は、コンビニなどにも行くことなく、スマホアプリでバーコードを読み取って支払う事ができるサービスとなる。「au PAY(請求書支払い)」以外にも「PayPay請求書払い」、「LINE Pay請求書支払い」や「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」「PayB」などのサービスがある。

様々なサービスがあるなか、今回は「LINE Pay請求書払い」を使う事に。今回の請求書は「ネットプロテクションズ」の請求書となり、「LINE Pay請求書払い」「楽天銀行コンビニ支払いサービス(アプリで払込票支払)」に対応。「au PAY(請求書払い)」や「PayPay請求書払い」は対応していなかった。

ネットプロテクションズの請求書は全て対応しているわけではなかった

「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」の場合は、1件当たり楽天ポイントが10ポイント貯まるが、8,000円で10ポイントで計算した場合は0.125%と少ない。「LINE Pay請求書支払い」の場合は、マイカラー(今後はLINEポイントクラブ)のポイントを獲得することができる。最低でも0.5%のポイントだ。

「LINE Pay請求書支払い」を使ってみた!

LINEの「ウォレット」をタップ。残高の当たりをタップすると「コード支払い」「コードリーダー」「請求書支払い」などのメニューが出てくるので「請求書支払い」をタップする。

LINE Payの請求書支払いメニュー

「請求書支払い」の説明が表示されるため「次へ」をタップ。バーコードリーダーが起動するため、請求書のバーコードを読み取る。支払金額などが表示されるため「お支払い」をタップ。「20分以内に決済する」メッセージが表示されるため「続ける」をタップ。

LINE Pay請求書支払いをLINE Pay残高で支払う

LINE Pay残高での支払いや利用するポイント数、獲得できるポイントが表示されるため、「支払う」ボタンをタップ。これでLINE Pay残高で請求書の支払いが完了した。

LINE Pay請求書支払いで支払い完了

「支払済」がわかるようにしておこう!

先日も紹介したのだが、請求書をスマホ決済サービスで支払った場合は、支払い済みであることがわかるようにしておく必要がある。

税金のクレジットカード納付やスマホ決済サービスによる請求書払いは要注意!

2019年度の確定申告を行い、申告所得税をクレジットカードで納付した。本来は、2020年3月16日(月)までの納付期限となっていたが、新型コロナウイルスの影響により2020年4月16日(木)まで延長さ ...

続きを見る

筆者の場合は「支払済」のスタンプを押して日付を入力している。

スマホ決済サービスを利用した請求書支払い時には支払い済みがわかるようにしておく

なお、バーコードは他の請求書支払いサービスでも支払う事ができるため、バーコードのある方は切り取って処分しておくのが良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, テクニック
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース