You Are Here: Home » コラム » ファミマのdポイントカードや楽天ポイントカード、Tカードのマルチポイント化でどうなる? ファミランクやファミマTカードの特典は?

ファミマのdポイントカードや楽天ポイントカード、Tカードのマルチポイント化でどうなる? ファミランクやファミマTカードの特典は?

ファミマのdポイントカードや楽天ポイントカード、Tカードのマルチポイント化でどうなる? ファミランクやファミマTカードの特典は?

2019年11月より、ファミリーマートでTカードだけでなくdポイントカードや楽天ポイントカードに対応すると発表があった。

2019年7月より開始する決済機能付きのスマートフォンアプリ「ファミペイ」では、ポイントサービスを連携させ、1つのバーコードをスキャンしてもらうだけでポイントを貯め、支払まで完了する仕組みも導入される。

現在、ファミリーマートでTカードを提示すると200円(税込)につき1 Tポイント貯まるが、楽天ポイントカードやdポイントカードでも200円(税込)につき1ポイントの付与数は変わらない。また、貯まったポイントは1ポイント=1円として利用する事ができる。

利用者にとっては、Tカード、楽天ポイントカード、dポイントカードを選べるようになるため、自分の好きなポイントカードを選択すれば良い。

しかし、ファミリーマートではTポイントを長年導入し、Tポイントが増えるようなサービスも多くある。

例えば、ファミランクだ。1ヵ月のファミリーマートでの買い物金額に応じてポイントが最大3倍になるサービス「ファミランク」があり、dポイントや楽天スーパーポイントも可能となるかを確認した。ファミランクについてはTポイントのみが対象となり、dポイントと楽天スーパーポイントは対象外となるようだ。

ランク ファミリーマートでの月間購入金額 翌月ポイント
ブロンズ 4,999円以下 200円(税込)につき1 Tポイント
シルバー 5,000円~14,999円 200円(税込)につき2 Tポイント
ゴールド 15,000円以上 200円(税込)につき3 Tポイント

従って、ファミリーマートで月間5,000円以上利用している場合は、2019年11月以降も楽天ポイントカードやdポイントカードよりもTカードを提示した方がおトクとなる。

また、ファミマTカードがどうなるのかも気になるところだろう。ポイントカードのファミマTカードだけでなく、クレジット機能の付いたファミマTカード、ジャパンネット銀行のVisaデビット付きキャッシュカードのファミマTカードなど、様々なカードが発行されている。現時点ではファミマTカードは、継続予定となっている。

ただし、クレジットカードやVisaデビット付きキャッシュカードのファミマTカードをファミリーマートで火曜日・土曜日に利用するとショッピングポイントが3倍、決済でさらに2倍となる「カードの日」については未定となる。

ショッピングポイント カードの日(火曜日・土曜日) 特別ポイント 合計ポイント
ショッピングポイント クレジットポイント
ファミマTカード 1倍 1倍
ファミマTカード(クレジットカード) +2倍 +2倍 +2倍 7倍
ファミマTカード(Visaデビット付きキャッシュカード) +2倍 +2倍 5倍

ファミマTカードは継続するが、カードの日は未定というのは気になるところだ。なお、ファミランクはTポイントだけ対象となるが、カードの日についてはTポイントだけ継続するのかも確認したが、それも含めて未定とのこと。

ファミマTカード(クレジットカード)を発行しているのはポケットカードだが、ポケットカードは上場廃止している。これは、伊藤忠商事、ファミリーマートが金融ビジネスの強化を狙い出資比率を引き上げたためだ。

ここからは筆者の考えだが、出資比率などを考えるとファミマRカードやファミマdカードなども誕生する可能性もあるだろう。しかし、楽天カードやdカードがあるため、他社のカードで楽天スーパーポイントやdポイントが貯まるようなカードを出す可能性は低いと考えている。もし、ファミマRカードやファミマdカードを出すと、以前書いたようなTポイント離れの記事のようになる可能性はある。

可能性がありそうなのはファミマカードの発行だろうか。独自ポイントを検討していると言う噂もあり、カードの日はファミマカードでの独自ポイントが2倍・3倍と言った具合だ。これであれば、ポケットカードの出資比率を高めた事も納得できる。

11月まで、ファミリーマートの動きをよく確認しておいた方が良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 959

© 2013 ポイ探

Scroll to top