You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 成田空港第2ターミナルのラウンジ「IASS Executive Lounge 2」を調査してきた!

成田空港第2ターミナルのラウンジ「IASS Executive Lounge 2」を調査してきた!

成田空港第2ターミナルのラウンジ「IASS Executive Lounge 2」を調査してきた!

成田空港第2ターミナルの「IASS Executive Lounge 2」とは?

成田空港第2ターミナルではクレジットカードの提示で利用できるラウンジが2つ用意されている。「T.E.I. ラウンジ」と「IASS Executive Lounge 2」だ。

どちらも、4階のショッピング&ダイニングに設置されている。「T.E.I. ラウンジ」はエスカレーターを上がって右端、「IASS Executive Lounge 2」はエスカレーターを上がって左端と真逆の場所に設置されている。

営業時間は7:00~21:00(最終受付20:45)となるため、深夜便などの場合には注意が必要だ。

無料で利用できるサービスはソフトドリンク、アルコール(缶ビール350mlと缶ウイスキーは1杯無料)、FAXサービス、インターネット接続サービスだ。缶ビール350mlと缶ウイスキーの2杯目以降などは有料となる。

「IASS Executive Lounge 2」を無料で利用できるクレジットカードは?

JCBカード、UCカード、アメリカン・エキスプレス(日本国内発行のみ)、DCカード、MUFGカード、UFJカード、NICOSカード、楽天カード、TS CUBIC CARD、SuMi TRUST CLUB、エポスカード、オリコカード、エムアイカード、アプラス、ダイナースクラブが対象だ。

なお、プライオリティ・パスも利用でき、上記看板には掲示されていないがラウンジキーも利用できる。受付には「Lounge Key」のロゴもあり、筆者はOrico Card THE PLATINUMのラウンジキーで利用した。

「IASS Executive Lounge 2」の設備は?

最初に「T.E.I. ラウンジ」に行った後だったため、「IASS Executive Lounge 2」に入ると広く感じた。

ドリンクは通常のドリンクバーが設置されている。

パソコンなどがやりやすいカウンター席ではWi-Fiのパスワードなどが表示されている。もちろんコンセントもあるため、充電しながら仕事をすることも可能だ。

くつろげる座席の横には、それぞれコンセントとUSB充電器があり、スマートフォンを充電することも可能。

また、それぞれのカード会社が発行している会員誌なども置いてあった。

T.E.I ラウンジよりも広いため、それほど混雑することは無いと思われる。

ただ、セキュリティー検査前に設置されているのが残念なところだ。かなり前に空港に着いた場合などは利用する価値があるが、セキュリティーチェックや出国手続きを行う時間なども考えると、それほどゆっくりくつろぐことができないだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 909

© 2013 ポイ探

Scroll to top