You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 成田空港第2ターミナル「T.E.I. ラウンジ(T.E.I. Lounge)」を調査してきた! 出国前エリアにあるのが残念

成田空港第2ターミナル「T.E.I. ラウンジ(T.E.I. Lounge)」を調査してきた! 出国前エリアにあるのが残念

成田空港第2ターミナル「T.E.I. ラウンジ(T.E.I. Lounge)」を調査してきた! 出国前エリアにあるのが残念

成田空港第2ターミナルの「T.E.I. ラウンジ」とは?

成田空港第2ターミナルに存在するクレジットカードを提示することで利用できるラウンジの1つが「T.E.I. ラウンジ」だ。

搭乗手続き後、4階のショッピング&ダイニングにエスカレーターで向かい、一番右側に設置されている。

営業時間は7:00~21:00までとなり、最終受付は20:45となる。深夜便などの場合は利用する事ができないので注意が必要だ。

無料で利用できるサービスは、ソフトドリンク、新聞・雑誌の閲覧サービス、インターネット接続サービス、携帯電話充電サービスとなる。アルコールや、FAX、コピー、プリントアウト、名刺作成サービスなどは有料だ。

「T.E.I. ラウンジ」を無料で利用できるクレジットカードは?

通常、大人料金が1,300円だが、対象のクレジットカードを提示すると無料で利用することができる。対象カードはVJAグループ、ライフカード、ダイナースクラブカード、ジャックスカード、楽天カード、クラブツーリズムカードとなる。基本的にはゴールドカード以上のカードが対象となるが、クラブツーリズムカードの場合は一般カードで利用可能だ。なお、同伴者は有料となる。

通常料金 提携カード同伴者料金
大人 1,300円 1,080円
小学生以下 650円 無料
乳児 無料 無料

なお、プライオリティ・パスとラウンジキーでも利用する事ができるため、上記以外の対象カードでも、プラチナカードで申し込める場合は、プライオリティ・パスやラウンジキーで利用する事ができる。

入り口前の看板には近畿日本ツーリストカードの掲載もあるが、近畿日本ツーリストカードの場合は無料利用ではなく通常1,300円の利用料が900円の割引で利用する事が可能だ。同伴者料金は、1,080円と通常料金となる。

「T.E.I. ラウンジ」の設備は?

今回、実際にT.E.I. ラウンジを利用したが、プライオリティ・パスで入室した。プライオリティ・パスを提示すると、カードリーダーでスキャンし、端末でサインをすれば利用可能となる。

数名利用者がいたが、ラウンジ内は広くない。30席程度しかないため、混んでいる時間帯だと利用できない場合もありそうだ。

コーヒーやジュースなどを無料で飲めるが、軽食などのサービスはない。

全ての座席ではないと思うが、タップがあり、パソコンやスマホの充電もできる。

中央には、雑誌なども置かれており、ダイナースクラブカード向けの会員誌「SIGNATURE」も用意されていた。

今回、T.E.I. ラウンジを利用したが、入出した瞬間に狭いなと感じた。同じラウンジであれば、第2ターミナルの「IASS Executive Lounge 2」の方が落ち着いた感じがする。

楽天カードやダイナースクラブカード、プライオリティ・パス、ラウンジキーを保有している場合は、T.E.I. ラウンジもIASS Executive Lounge 2も利用できるが、IASS Executive Lounge 2を選んだ方が快適そうだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 904

© 2013 ポイ探

Scroll to top