クレジットカード特集 コラム ゴールドカード 一般カード

小児用パスモでオートチャージ設定してポイントを獲得できるカードとは? オートチャージ設定をしてみた

筆者の子どもが小学生になり、初めて小児用PASMO(子供用PASMO)の定期券を取得することになった。筆者は定期券も持っておらず、いつもモバイルSuicaを利用しているため、Suicaチャージはおサイフケータイで対応していた。

この小児用PASMOは定期券区間であれば、当然入金しなくても利用できる。ただし、定期券区間外の乗車の場合はPASMOの残高が必要になる。

PASMOの場合は、Suicaのようにパソリでチャージすることができない。したがって、PASMOへのチャージでクレジットカードのポイントを獲得したいのであれば、オートチャージ設定をするしか方法はない。

しかし、PASMOのオートチャージ設定を行う場合、記名式PASMOとクレジットカードの利用者情報が一致していなければならない。つまり、子供名義の小児用PASMOにオートチャージができるのは、子供名義のクレジットカードでなければならないということだ。しかし、クレジットカードは18歳以上という制限があるため、小児用PASMOにオートチャージはできないということになる。

この、小児用PASMOのオートチャージが可能なサービスが存在する。東急カードの「TOKYU CARDジュニアオートチャージ」だ。これは、小学生から18歳までの子供向けのPASMOにオートチャージ設定をすることができるサービスとなる。

東急カードは小児用PASMOにオートチャージ設定が可能

保護者名義のTOKYU CARDと小児用PASMOを用意すればオートチャージ設定が可能。年会費は1,200円(税抜)必要だが、小児用PASMOが何枚あったとしても年会費は1,200円(税抜)となる。筆者は3人の子どもがいるため、将来的には全員に小児用PASMOを持たせても、年会費は1,200円(税抜)のままということだ。

TOKYU CARDジュニアオートチャージは、TOKYU CARD限定となり、クレジット機能のないTOKYU POINT CARDだけでなく、JALカード TOKYU POINT ClubQ/ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード/スーパーICカード TOKYU POINT PASMO「三菱東京UFJ-VISA」の提携カードでは申し込めないので注意が必要だ。
TOKYU CARDジュニアオートチャージは、TOKYU CARD限定

TOKYU CARDジュニアオートチャージはポイントの対象

TOKYU CARDジュニアオートチャージは、東急カードのプレミアムポイントの対象となる。TOKYU CARD ClubQ JMBやTOKYU CARDゴールドの場合はクレジットカード決済で1%のTOKYU POINTが貯まり、TOKYUポイント加盟店では更にTOKYUポイントを獲得することができるクレジットカードだ。

ただし、TOKYU CARDジュニアオートチャージの場合は、500円(税込)につき1 TOKYU POINTと、通常よりも少ないポイントになっているので注意が必要だ。

TOKYU CARDジュニアPASMOオートチャージは資料請求が必要

では、小児用PASMOにTOKYU CARDでオートチャージ設定をしてみよう。Webを見る限り、資料請求で申込むしかないようだ。

TOKYU POINT Webサービスにログインし、右上の「資料請求」をクリックする。「入会申込書」をクリックすると、資料名に「入会申込書(TOKYU CARDジュニアPASMOオートチャージ)」とあり、資料説明に「お子様向けオートチャージサービス」とあるので、左側の資料番号を控えておく。

TOKYU CARDジュニアPASMOオートチャージサービス

一番下の「資料請求する」をクリックし、控えた資料番号を入力後、「確認する」ボタンをクリック、「決定する」ボタンをクリックすると、資料請求が完了する。

TOKYU CARDジュニアPASMOオートチャージ資料到着

TOKYU CARDジュニアPASMOオートチャージの資料2?3日で資料が到着する。保護者のクレジットカード番号は住所・氏名、勤務先などの情報を記入し、小児用PASMOの裏面にある番号を記入する。また、小児用PASMOの裏面をコピーして添付しなければならない。

なお、資料には、電車の改札を通ったら保護者にメールが届くサービス「エキッズ」の申込書も同封されている。エキッズは月額500円(税抜)。エキッズに申し込むと、横浜市営地下鉄やみなとみらい線一部駅、東急グループ施設に設置されている端末にタッチすると通過時情報がメールで送られる「キッズプラス」も申込可能だ(無料)。

オートチャージの手続き通知が到着

「TOKYU CARDオートチャージのお手続きについてのお知らせ」と「PASMOオートチャージサービス受付完了のご案内」郵送すると、「TOKYU CARDオートチャージのお手続きについてのお知らせ」が到着する。この通知が来たところでオートチャージ設定はできていない。

さらに、パスモから「PASMOオートチャージサービス受付完了のご案内」はがきが届く。ただし、この時点でもオートチャージ設定はされていない。

このTOKYU CARDオートチャージのお手続きについてのお知らせが到着してからPASMOオートチャージサービス受付完了のご案内のはがきは、3週間程度期間が開いた。ただ、ゴールデンウィーク期間中の申込ということもあり、実際は1周間程度で届く可能性もある。

駅での手続きが必要

「PASMOオートチャージサービス申込みに関するお知らせ」が到着すると、はがきと登録した小児用PASMO「PASMOオートチャージサービス申込みに関するお知らせ」が到着すると、はがきと登録した小児用PASMOを持って駅の窓口で行うという事が書かれている。特に定期券を扱っているような駅でなくても良いようだ。

最寄りの駅に行き、窓口ではがきとPASMOを提示すると、券売機に案内された。券売機で操作できるのであれば、特にはがきを持っていく必要はないということだろう。

PASMOを入れて、「その他」のメニューから、「各種変更」⇒「オートチャージ設定変更」⇒「利用開始」メニューから実行するとオートチャージ設定が完了する。初期値は2,000円以下になると3,000円チャージという設定となっているが、子どものPASMOのためもっと金額を低くすることにした。

再度、PASMOを券売機に挿入後、「その他」⇒「各種変更」⇒「オートチャージ設定変更」⇒「金額変更」で1,000円以下になると2,000円チャージに変更。これで、定期券区間外の乗車でも改札を出られるようになった。


年会費1,200円(税抜)とTOKYU POINTのことを考えると、小児用PASMOのオートチャージ設定は損することになる。しかし、改札が開かないということ、現金を持たせていないということを考えると、小学校低学年の場合にはオートチャージ設定は必要だろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, 一般カード
-, , , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース