You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » LINE Payカード以外に併用したほうがいいクレジットカード・プリペイドカードとは…?

LINE Payカード以外に併用したほうがいいクレジットカード・プリペイドカードとは…?

LINE Payカード以外に併用したほうがいいクレジットカード・プリペイドカードとは…?

普段から筆者はLINE Payカードを中心に生活をしている。と言うのも、決済の際に100円につき2%のLINEポイントが還元されるからだ。

しかし、LINE PayカードはJCBブランドとなっており、西武線の駅ナカを中心にJCBのカードで支払えないこともある。そのため、LINE Payカード以外にメインで併用するカードを持つ必要があると感じている。

そこで、どのカードをLINE Payカードと併用すればいいかを考えたので、今回紹介する。

1.DCカード Jizile(ジザイル)

DCカード Jizile(ジザイル)はポイントの還元率が1.5%で200円につき3ポイントが付与される。

還元率が高い以外にも、Origami Payでの決済をする際に、このDCカード Jizile(ジザイル)を紐づけしても還元率1.5%が付与される点で大変魅力的であると考えている。

逆にデメリットとしては、3点ある。1つ目はau WALLETプリペイドカードのチャージの際にポイントが付与されない点である。2つ目はリボ専用のため、一括支払いを希望する際には事前対応が必要であること。3つ目はポイントを交換する際に少ないポイント数からの交換が難しく、多くのポイントを集める必要があることである。

2.au WALLETプリペイドカード

オレンジ色のau WALLETプリペイドカードであれば、他のカードからチャージをして支払った場合、最大で1.5%の還元率となる。

内訳としては、クレジットカード側のチャージで還元率1%、au WALLETプリペイドカードでの決済で200円につき1ポイント、0.5%の還元率となっている。

このチャージをする場合、チャージできるクレジットカードが限られているので、注意が必要だ。原則としてすべてのMastercardはチャージができる。VisaとJCBについては限られた発行元のカードからしかチャージができない。また、チャージができるからといって、全てのクレジットにおいて、ポイントが付与されるかどうかは別問題なのも留意する必要がある。

その中で、筆者が改めてオススメするのはOrico Card THE POINTである。

というのも、このカードでチャージすると、100円につき1ポイントが付与されるだけではなく、QUICPayやiDの機能もカードに備わっているため、1つのカードで3つの役割を果たすことができる便利なカードであるからである。デメリットとしては、ポイントの有効期限が1年間しかない点である。

逆に誕生日月の場合には、ライフカードでのチャージをオススメする。ライフカードであれば、ライフカード側のポイント還元率が下がったとしても、合計で1.5%(ライフカードからのチャージ)+0.5%(au WALLETプリペイドカードでの決済時)の合計2%が付与されるため、おトクである。

また、au WALLETプリペイドカードはLINE Payカード同様に電子マネーであるので、使いすぎも防止することができる。

LINE Payカードは還元率が2%と高く、プリペイド式の電子マネーであるため、使いすぎを防止することができる点で、日常生活において大変便利である。しかし、LINE Payカードが使えない時にはLINE Payカードに準じた高還元率のカードを使う必要が出てくる。そのような際には、是非とも今回オススメするカードを使うことも考えてみるもの手であると思う。

About The Author

かがやく!子

小学生のころからポイントを収集。当時集めていたポイント…サンリオショップ(4店舗)、マクドナルド(4店舗) 高校生になってからはクラブ・オンカード、大学生になってからは小田急百貨店、京王百貨店、メトロポリタンプラザ(現:ルミネ池袋)、ビックカメラ、さくらや、マツモトキヨシの現金専用のポイントカードを所有。 2005年から2010年までの間に在籍していた大手クレジットカード会社の子会社(グループ再編により現在は閉鎖)にて、クレジットカードを所有しはじめ、クレジットカードのポイントやポイントサイトのポイントも収集するようになる。 社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー(2級、AFP)、日商簿記2級、ビジネス実務法務検定2級等多数の資格を所有。

Number of Entries : 64

© 2013 ポイ探

Scroll to top