コラム プリペイドカード

地域限定プリペイドカード「mijica(ミヂカ)」の申込方法

先日、仙台でmijica(ミヂカ)を申込み、ポイントが2倍になる仙台市内のファミリーマートで使ってみたが、今回は申込方法を具体的に紹介したい。

まず、仙台や熊本の郵便局やゆうちょ銀行でも申し込める場所が決まっているので、事前に確認してほしい。ゆうちょ銀行のmijicaデスクに電話すると確認することができる。

mijica(ミヂカ)の申込み方法

続いて、持っていくものはゆうちょ銀行のキャッシュカードのみとなり、運転免許証などの本人確認書類は不要だ。その他、メールアドレス、4桁の暗証番号と、8桁から30桁のwebパスワードを決めておく。

該当の郵便局やゆうちょ銀行に行き、「mijica(ミヂカ)の申込みをしたい」と伝えると、専門の担当者が対応してくれる。事前にパンフレットを見ながら簡単な説明後、タブレット端末とモバイル決済端末(Link ProcessingのJET-Smart)で登録していく。

タブレット端末にカナ名等を入力し、キャッシュカードを渡すとモバイル端末でスキャンされる。暗証番号を入力することで情報を読み取っているのだろう。続いて、mijica(ミヂカ)が入っている封筒のバーコードをタブレット端末で読み取る。これで、キャッシュカードとmijica(ミヂカ)のリンクができたということだ。

最後に、指定日チャージの設定(しないでOK)、メールアドレスの入力、4桁の暗証番号とweb用のパスワード、漢字の氏名を入力することで完了となる。処理が完了したら、ゆうちょ銀行からmijica(ミヂカ)申込みのURLが送られてくる。24時間以内にURLをクリックすることで有効となる。

mijica(ミヂカ)の入った封筒を渡され、中のmijica(ミヂカ)にサインをすれば利用可能だ。なお、キャンペーンでmijica(ミヂカ)の入会で、後日500円分のチャージがもらえるキャンペーンが実施されている。また、mijicaロゴの入ったボールペンもプレゼントされる。

mijica WEBでのチャージ方法は?

続いて、mijica WEBにログインし、「今すぐチャージ 口座登録」を行う。キャッシュカードをスキャンしているが、チャージ口座として登録されてはいないため、別途口座情報の登録が必要となる。

「今すぐチャージ 口座登録」をクリックして、ゆうちょ銀行のページに飛び、ゆうちょ銀行(即時振替受付)サービスを申込む。

口座名義人名、口座の記号・番号と誕生日を入力する。最後にキャッシュカードの暗証番号(mijicaの暗証番号ではない)を入力すると、口座が登録される。

チャージ用口座の登録ができると、「今すぐチャージ」からチャージしよう。チャージすると即時入金が可能だ。

あとは、mijica(ミヂカ)をVisa加盟店で利用すれば良い。mijicaを利用すると、月額利用金額2,000円につき1永久不滅ポイントを獲得でき、それぞれの地域のポイント優遇店で利用すると2?3倍のポイントを獲得できる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース