クレジットカード特集 コラム ゴールドカード 一般カード

クレジットカードなしでもAmazon.co.jpでおトクに買う方法とは? Amazon Mastercardよりもおトクに買える場合も

Amazon.co.jpでおトクなクレジットカードと言えばAmazon Mastercardだろう。プライム会員の場合は、Amazon Mastercardクラシックで購入すると2.0%のAmazonポイントを獲得でき(プライム会員以外では1.5%)、Amazon.co.jpでAmazon Mastercardゴールドを利用すると2.5%のAmazonポイントを獲得できる。

Amazon Mastercardクラシック Amazon Mastercardゴールド
年会費 初年度 無料 10,000円(税抜)
設定や使い方で6,000円割引
2年目以降 1,250円(税抜)
(前年1回以上の利用で無料)
Amazonプライム会員
(年間3,900円)
自動付帯
Amazon.co.jp内 プライム会員 2.0% 2.5%
非プライム会員 1.5%
Amazon.co.jp以外 1.0%

Amazon.co.jpではAmazon Mastercardを使うとおトクだが、実はクレジットカードを使わなくても2%還元になる方法もあるのだ。

Amazonギフト券(チャージタイプ)を買うと、最大2%のAmazonポイント獲得可能!

まず、Amazonギフト券(チャージタイプ)についてだが、Amazonギフト券のチャージタイプは、15円から購入でき、プリペイドカードの端数処理などに適していることを紹介した。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の場合は、自分のアカウントに自動的にAmazonギフト券を登録することができ、メールなどで送られてくるAmazonギフト券よりも使い勝手が良い。

このAmazonギフト券(チャージタイプ)をコンビニ・ATM・ネットバンキングで購入すると、最大で還元率が2.0%となるのだ。

1回あたりの金額 Amazonポイント付与率
1?5,000円未満 0.0%
5,000円?20,000円未満 0.5%
20,000円?40,000円未満 1.0%
40,000円?90,000円未満 1.5%
90,000円以上 2.0%

Amazon Mastercarクラシックで2.0%の還元を受けるには、3,900円(税込)のプライム会員でなければならない。しかし、Amazonギフト券(チャージタイプ)をコンビニ・ATM・ネットバンキングで支払った場合は、9万円以上という制限はあるがAmazonプライム会員になる必要はない。

獲得できるAmazonポイントの上限がないため(Amazonアカウント開設から30日以内は500ポイントが上限)、安心して利用できるだろう。

コンビニやATM、ネットバンキングで現金払いをしたとしても、Amazon Mastercardクラシックと同等の還元率となり、クレジットカードが無くてもAmazon.co.jpでおトクに買い物をすることができる。

ただし、Amazonギフト券には購入から1年間という有効期限があるため、事前に大量に購入するのはやめた方が良いだろう。

Amazonギフト券(チャージタイプ)はセブン-イレブンでnanaco決済がおトク!

さらに、コンビニエンスストアでの支払いで、セブン-イレブンでnanaco決済を利用するとクレジットカードのポイントも獲得可能だ。

例えば、Amazonギフト券(チャージタイプ)を9万円購入し、nanacoにリクルートカードで9万円をチャージしてセブン-イレブンで支払う。この場合、nanacoでの支払い時にはnanacoポイントを獲得できないが、チャージ時に1.2%のリクルートポイントを獲得可能だ。2%のAmazonポイントと1.2%のリクルートポイント(=1.2%のPontaポイントに交換可)の合計3.2%となり、Amazon Mastercardゴールドを利用するよりも還元率が高くなる。

ただし、9万円をnanacoにチャージするのはコツが必要なので、チャレンジする場合は「Club-Off(クラブオフ)でnanacoギフトが1%引きで販売! クレジットカードで購入も可能!」や「自動車税をクレジットカードで支払うのはおトク?」を参考にして欲しい。

ファミリーマートでファミマTカード(クレジット機能つき)でも1%のTポイントを獲得可能!

また、ファミリーマートでファミマTカード(クレジット機能つき)で支払えるかどうかを確認してみたが、操作途中に「現金のみとなります。」のメッセージが表示された。

ファミマTカードのポイント早見表を見る限りではファミマTカード(クレジット機能つき)であれば支払い時にも200円につき1 Tポイント獲得できるような表記になっているため、ファミリーマートの広報に確認したところ、「支払いは可能でTポイントも貯まります」との回答だった。

再度、ファミリーマートに行き、支払ってみたところ、「現金のみとなります。」メッセージとは異なり、ファミマTカード(クレジット機能つき)で支払うことができ、クレジットポイントも獲得できた。

1,000円のチャージで10 Tポイント獲得できているのは、2017年2月14日が火曜日のためだ。ファミマTカード(クレジット機能つき)の場合、火曜日・土曜日に決済するとTポイントが2倍になる。つまり、200円につき2 Tポイント獲得できるため、10 Tポイントの獲得となっている。

こちらも、2%のAmazonポイントと1%のTポイント(火曜日・土曜日のみ)となり、合計3%とAmazon Mastercardゴールドよりおトクとなる。


今回はnanacoやファミマTカード(クレジット機能つき)で、購入ができるかどうかの確認のために1,000円のAmazonギフト券を購入したが、5,000円未満の場合はAmazonポイントを獲得できないので注意して欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, 一般カード
-, , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース