You Are Here: Home » コラム » 自動車税をクレジットカードで支払うのはおトク?

自動車税をクレジットカードで支払うのはおトク?

そろそろ自動車税の納付書が届く季節になってきた。最近は「自動車税はクレジットカードで支払えます」というクレジットカード会社の広告も見かける。

現在クレジットカードで支払える自動車税は「東京都」「大阪府」「三重県」、Yahoo!公金支払いサービスを利用すると「青森県」「宮城県」「山形県」「神奈川県」「千葉県」「新潟県」「静岡県」「愛知県」「岐阜県」「奈良県」「和歌山県」「鳥取県」「香川県」「福岡県」「佐賀県」「宮崎県」「鹿児島県」「沖縄県」の1都1府19県となっている。

このオンラインでのクレジットカード支払いサービスを利用するには、300円(税抜)の手数料が発生する(三重県は400円+税、佐賀県は278円+税、沖縄県は286円+税)。支払えるものは全てクレジットカードで払うのが鉄則だが、手数料を払ってもクレジットカードで支払うのはおトクなのだろうか?

自動車税の金額を確認すると、1,000cc以下で年額29,500円、1,500cc以下で34,500円、2,000cc以下で39,500円だ。

1,500ccの場合の34,500円で考えてみよう。還元率2.0%のリクルートカードプラスで支払ったとする。690リクルートポイントが貯まるため、消費税が8%の場合、手数料が324円(税込)かかったとしてもプラスになる。次に、楽天カードで支払った場合は、345楽天スーパーポイントが貯まり、21円だがプラスだ。還元率1%以上でギリギリプラスになる程度だろう。

還元率が2%、1.75%、1%、0.5%のクレジットカードで支払った時のポイントを表にした。背景色   は獲得ポイントが上回っていることを示している。還元率0.5%のクレジットカードの場合は、排気量が3,500cc以上の自動車でなければクレジットカードで支払うメリットはないが、還元率1%を超えるクレジットカードであれば、自動車税もクレジットカードで支払ったほうがおトクになる。

排気量 自動車税年額 クレジットカードの還元率
2% 1.75% 1% 0.5%
1,000cc以下 29,500円 590p 516p 295p 147p
1,000cc超、1,500cc以下 34,500円 690p 603p 345p 172p
1,500cc超、2,000cc以下 39,500円 790p 691p 395p 197p
2,000cc超、2,500cc以下 45,000円 900p 787p 450p 225p
2,500cc超、3,000cc以下 51,000円 1,020p 892p 510p 255p
3,000cc超、3,500cc以下 58,000円 1,160p 1,015p 580p 290p
3,500cc超、4,000cc以下 66,500円 1,330p 1,163p 665p 332p
4,000cc超、4,500cc以下 76,500円 1,530p 1,338p 765p 382p
4,500cc超、6,000cc以下 88,000円 1,760p 1,540p 880p 440p
6,000cc超 111,000円 2,220p 1,942p 1,110p 555p

ただし、上記方法で支払うのは、時間がない人向けと考えるべきだ。自動車税を支払う方法で一番トクなのは、クレジットカードでチャージしたnanacoでセブン-イレブン支払いすること。この場合、クレジットカードで獲得したポイントはそのまま、かつ手数料が取られない。

nanacoへのチャージでポイントが付くクレジットカードで還元率が高いカードは、リクルートカードプラス漢方スタイルクラブカード楽天カード(JCBブランドのみ)。納付書をレジで出し、「nanacoで」と言えば支払える。ただし、nanaco支払い時にはnanacoポイントは貯まらない(店員によってはnanacoポイントが貯まらないということを確認してくる)。

nanaco 1枚で支払えるのは5万円+センター預かり分5万円で10万円までとなる。例えば、88,000円の税金を支払う場合の流れは以下の通りだ。

nanacoで自動車税を支払う

(1)5万円チャージ、5万円センター預かりになっているnanacoで支払うことを伝える。
(2)5万円支払われ、残高が0円になる。
(3)センター預かり分の5万円を受け取るため、残高確認を行ってもらう。ただし、一度に受け取れるのは29,999円のため、2回残高確認をお願いしなければならない。
(4)残りの38,000円を支払う。

10万円を超える場合はもう1枚nanacoを用意すれば良い。セブン-イレブンでは5枚までnanacoを利用することが可能だ。nanacoは1枚300円(税込)で購入可能だが、8のつく日はイトーヨーカドーで無料で作成できるので利用すると良い。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 917

© 2013 ポイ探

Scroll to top