ANA(全日本空輸) クレジットカード特集 コラム テクニック マイレージ 一般カード

LINE Payカード+ファミマTカード+ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)でANAマイルがザクザク!!

先日、「ANAマイラーに最強のカード誕生! LINE Payカード+ソラチカカードで還元率は1.62%にも」という記事をアップしたが、筆者のFacebookで指摘があり、さらにANAマイルの還元率をアップする方法があるとのことだ。

それは、「LINE Payカード」をコンビニでチャージする方法となる。LINE Payカードは、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス、セイコーマートでチャージする事が可能だ。ANAマイラーが気にしなければならないのは、ズバリ「ファミリーマート」だろう。

公共料金、保険取次ぎ、Famiポート収納票によるお支払い等ファミリーマートでLINE Payカードにチャージする場合、「ファミリーマートでTポイントが貯まる商品・サービス一覧」内の、「公共料金、保険取次ぎ、Famiポート収納票によるお支払い等」に当てはまる。

「ファミマTカード(クレジット)」の欄を確認すると、「○※5」とあり、※5を確認すると「バイク自賠責保険は対象外です。」となっている。つまり、バイク自賠責保険以外は決済でのTポイントは対象ということだ。

貯まり方は200円につき1 Tポイントとなるため還元率は0.5%。TポイントはANAマイルに交換でき、500 Tポイントを250マイルに交換可能だ。つまり、ANAマイルとしての還元率は0.25%。LINE Payカード+ソラチカカードでの1.62%と合わせると、1.87%となる。

では、実際にファミマTカード(クレジット機能付き)からLINE Payカードにチャージでポイントが貯まるのかを検証しよう。

ファミリーマートでLINE Payカードにチャージする

LINE Payカードをファミリーマートでチャージするまず、LINE Payを起動する。チャージで「コンビニ」を選択。金額を入力し、「チャージ」をタップ。「受付番号」と「予約番号(申込番号)」、「払込期限」が表示される。

続いて、店内に設置されている「Famiポート」端末(緑で上に液晶が付いている端末)の画面に一度タッチ。ここで迷ったが「プリペイド」ではなく、「代金支払い」メニューをタップするようだ。

「各種番号をお持ちの方はこちら」の「イーコンテクスト(インターネット受付)」をタップ。「各種番号入力ご案内」のページで「番号入力画面に進む」をタップ。

LINE Payの画面に表示されている「受付番号」を入力し「OK」ボタンをタップ。続いて「予約番号(申込番号)」を入力し、「OK」ボタンをタップ。「ご注意事項」として『ご利用いただけるお支払い方法は、「現金」または「ファミマTカード」のみとなります。その他のクレジットカード・電子マネー等はご利用いただけません。』との表記がある通り、ファミマTカード(クレジット機能付き)で支払うことができることは確認できた。そのまま「OK」ボタンをタップ。

Famiポートの注意事項 LINE PayカードのチャージはファミマTカードで決済可能

「ご注文商品一覧」として、「お客様氏名」に自分の名前、サイト名称に「LINE Pay」、金額を確認したら「OK」ボタンをタップする。「Famiポート申込券」がFamiポート端末の下から出てくるので、申込券を取り出す。

Famiポート申込券を持ってレジに行くと、バーコードを読み取り、入金処理をしてもらえる。入金時にはLINE Payカードは不要だ。入金処理が終わると、LINE Payから「コンビニで1,000円をチャージしました」とLINEにメッセージが届く。

LINEポイント+Tポイントで2.5%還元、ANAマイルの場合は1.87%還元に

LINE PayカードのチャージをファミマTカードで決済してTポイントを獲得チャージ後のレシートを見ると、5 Tポイントの獲得との表記があり、200円につき1 Tポイントを獲得できることも確認できた。

LINE Payカード決済時には2%のLINEポイントを獲得できるため、チャージ時の0.5%のTポイントと、決済時のLINE Payカードの2%を合計すると2.5%還元と、超高還元率カードとなる。

なお、獲得したTポイントとLINEポイントを全てANAマイルに交換すると、1.87%のANAマイルを獲得できるカードとなり、ANA VISAプラチナ プレミアムカード(年会費8万円+税)をマイ・ペイすリボで利用した1.80%以上の還元率となるのだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-ANA(全日本空輸), クレジットカード特集, コラム, テクニック, マイレージ, 一般カード
-, , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース