You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 横浜港大さん橋で行われたHANAVIVA 2019 powered by AMERICAN EXPRESSに行ってきた

横浜港大さん橋で行われたHANAVIVA 2019 powered by AMERICAN EXPRESSに行ってきた

横浜港大さん橋で行われたHANAVIVA 2019 powered by AMERICAN EXPRESSに行ってきた

2019年7月13日(土)に、横浜港大さん橋で行われた、アート、ミュージック、フードのイベント「HANAVIVA 2019 powered by AMERICAN EXPRESS」に行ってきた。

チケットはアメリカン・エキスプレスのクレジットカード会員とそれ以外で金額が異なり、VIP席は8名まで利用で50万円(税込)、花火の指定席は2枚1組で3万円(税込)だ。自由席は7,000円(税込)となり、花火鑑賞も自由席となる。2018年の花火大会では、メンバーシップ・リワードのポイントでも申し込みすることができたが、2019年はポイントでの受付は行われなかった。

なお、アメリカン・エキスプレスのカード会員以外は、先行販売でVIP席が100万円(税込)、指定席が4万円(税込)、自由席が1万円となり、一般販売はVIP席が120万円、指定席が44,000円(税込)、自由席が11,000円(税込)となる。

それぞれのチケットでは次のような違いがある。

VIP席(8名まで) 指定席(2名1組) 自由席
アメリカン・エキスプレス会員 50万円 3万円 7,000円
先行販売 100万円 4万円 1万円
一般販売 120万円 44,000円 11,000円
花火鑑賞 VIP席 指定席 自由席
ライブ鑑賞 自由席 自由席 自由席
フリードリンク
フリーフード ×
ウェルカムシャンパン × ×

事前にチケットを入手し、大さん橋に向かう。今回はVIP席と指定席や自由席の入場場所が異なる。

チケット保有者向けのレーンからアクセスし、受付を済ませた。

受付ではタイムテーブルやエリア情報などのパンフレットを受け取り、リストバンドをつけてもらう。リストバンドによってアクセスできるエリアが異なる。

今年はしっかりした食事ではなく、フリーフードエリアでフィンガーフードの提供だ。VIP席と指定席はホール内のフードは基本的に無料となる。

ICE MONSTERのかき氷も用意されていた。

ライブステージではDJ PLAYやMIYAVIさんによるライブなどがあり、ステージ前の中央エリアではボールプールが用意されていた。大人のイベントではあるが、中央のボールプールで子ども達も大喜び。正直、このボールプールがなければ子どもは飽きてしまっただろう。

会場内では、フェイスペインティングやトードバッグ作りなどの体験型コンテンツ、スプレー缶によるライブペインティングなどもあり、マジシャンによるトランプマジック等もあった。これには子どもが大興奮。

19:30からは花火大会。小雨が降っていたが中止にならずそのまま開催。会場ではカカッパも用意されていたが、三脚で一眼レフを使った撮影は諦めた。しかし、最近のスマホではそれなりに撮影できるので驚いた。

20時で花火が終了。気温はちょうど良かったのだが、小雨が降っていたため、長居せずにそのまま帰宅した。会員限定イベントとなるため、快適に花火を楽しむことができる。2020年以降も続くようだったら参加したい花火大会イベントだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1020

© 2013 ポイ探

Scroll to top