Vポイントを三井住友ゴールドカード(NL)のキャッシュバックで使ってみた! ポイントで何か買う必要なし!

クレジットカード特集 コラム ゴールドカード

Vポイントを三井住友カード ゴールド(NL)のキャッシュバックで使ってみた! ポイントで何か買う必要なし!

2021年8月7日

三井住友カードでは、2021年3月1日(月)より、従来の「iDバリュー」と「キャッシュバック」を統合し、「<新>キャッシュバック」サービスを開始した。

三井住友カードのキャッシュバックサービスがリニューアル! 1ポイント=1円でキャッシュバック可能に!

三井住友カードの進化が止まらない。2021年3月1日(月)にVポイント交換景品の「iDバリュー」と「キャッシュバック」が統合し、「<新>キャッシュバック」サービスが開始する。これは意外と便利なサービス ...

続きを見る

<新>キャッシュバックは、クレジットカードの支払金額に充当する事ができるサービスとなり、Vポイントを1ポイント=1円として利用できる。キャッシュバック繰越残高の有効期限は3ヵ月となり、有効期限後は失効する。

例えば、26日決済の場合、3月25日に<新>キャッシュバックに5,000ポイント申し込むと、4月3日頃に5,000円分の残高が反映する。3月1日~3月31日の利用分(2,000円利用)が4月26日に支払われ、2,000円分の残高が使われるため、実際の支払いは0円でキャッシュバック残高は3,000円となる。4月1日~4月30日に300円のクレジット利用があると、5月26日に2回目のキャッシュバックが適用され、残高は2,700円、支払いは0円だ。5月1日~5月31日に1,000円分のクレジット利用が合った場合、6月26日にはキャッシュバック残高は1,700円。この時点で使い切れないため、1,700円分のキャッシュバック残高は失効する。

日付 利用金額等 キャッシュバック残高
3月25日 5,000ポイント キャッシュバック申請
4月3日頃 キャッシュバックが5,000円分反映 5,000円分
4月26日(1回目) 3月1日~3月31日に2,000円利用 3,000円分
5月26日(2回目) 4月1日~4月30日に300円利用 2,700円分
6月26日(3回目) 5月1日~5月31日に1,000円利用 1,700円分
7月26日(4回目) 6月1日~6月30日に500円分利用 17,00円分が失効

筆者は獲得していたVポイントを20%増量時にVポイントアプリに交換していた。10万ポイントを交換すると12万円分で利用する事ができた。

三井住友カード プラチナプリファードはVポイントがガンガン貯まる! Vポイントアプリの20%増量も効果抜群!
三井住友カード プラチナプリファードはVポイントがガンガン貯まる! Vポイントアプリの20%増量も効果抜群!

ポイント特化型プラチナカードの「三井住友カード プラチナプリファード」を利用して、約5ヵ月経過した。 三井住友カード プラチナプリファードは年会費3万円(税抜)で基本還元率は1%。入会ボーナスとして、 ...

続きを見る

Vポイントアプリへの交換キャンペーンも終了しているため、今回はVポイントをキャッシュバック申請することに。今回利用したのは三井住友カード ゴールド(NL)の利用分に対して、23,918ポイントを7月18日(日)にキャッシュバック申請した。

三井住友カード ゴールド(NL)にVポイントのキャッシュバック申請

三井住友カード ゴールド(NL)にVポイントのキャッシュバック申請

8月6日(金)にVpassで利用明細を確認したところ、利用明細に「キャッシュバック(ポイント交換)」として-23,918円が反映されていた。

Vポイントのキャッシュバックが反映

Vポイントのキャッシュバックが反映

筆者は、8月26日(木)時点で23,918円が全て使われるため、3ヵ月でキャッシュバック残高が失効することはない。

Vポイントをキャッシュバック申請することで、三井住友カードをP-oneカード<Standard>などのキャッシュバックカードと同じように利用する事も可能だ。キャッシュバックの場合は、ポイントを使って新たに商品などを買う必要がなくなるため、効率的なポイントの消化方法となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード
-, , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース