クレジットカード特集 コラム ゴールドカード ブラックカード プラチナカード

羽田空港国際線のカードラウンジを利用するならこのカードだ! 保有カードによって快適さが異なる!

2016年1月8日

空港ラウンジについては、3回に分けて書いてきた。1回目は、ゴールドカードなどで利用できる空港ラウンジはどのようなものなのか。2回目は航空会社の上級会員向け、ビジネスクラス利用者などが利用できるラウンジとゴールドカードなどで利用できるラウンジの違いについて。3回目はクレジットカードによって使えるラウンジが違うという点だ。

今回は、番外編として、羽田空港の国際線のカードラウンジについて紹介したい。

羽田空港国際線のラウンジを利用するならこのカードだ!

羽田空港の国際線で利用できるラウンジは、航空会社が用意しているものと、ゴールドカード以上のクレジットカードを提示して利用できるラウンジがある。さすがに大きな空港のため、カードラウンジだけでも4つも存在するのだ。

クレジットカードの提示で利用できるラウンジはSKY LOUNGE、SKY LOUNGE ANNEX、TIAT LOUNGE、TIAT LOUNGE ANNEX。いずれも出国後エリアに設置されているため、搭乗までの時間をゆっくり過ごすことができるだろう。

これらのラウンジを利用できるクレジットカードを見てみよう。前回紹介した表を再度利用する。

クレジットカードのゴールドカード以上で利用できる国内空港ラウンジ

上記表から、SKY LOUNGE、SKY LOUNGE ANNEX、TIAT LOUNGE、TIAT LOUNGE ANNEXで利用できるクレジットカードを確認すると以下のようになる。

ラウンジ名 利用可能カード会社 利用可能航空会社
SKY LOUNGE (出国後エリア 4階 ラウンジ(中央)) VJAグループ、JCB、Diners Club International、DC、UFJ、NICOS、MUFG、UC、SAISON、AMERICAN EXPRESS、JACCS、エポスカード
SKY LOUNGE ANNEX (出国後エリア 4階 ラウンジ(北)) VJAグループ、JCB、Diners Club International、DC、UFJ、NICOS、JACCS、SAISON、エポスカード
TIAT LOUNGE (出国後エリア 4階 ラウンジ(中央))
TIAT LOUNGE ANNEX (出国後エリア 5階 ラウンジ(北))
TS CUBIC CARD、レクサスカード、ポルシェカード、マンチェスターユナイテッドカード、エムアイカード チャイナ エアライン、ハワイアン航空、デルタ航空、ガルーダ・インドネシア航空、中国国際航空、キャセイ・パシフィック航空

SKY LOUNGEよりもTIAT LOUNGEの方が利用できるクレジットカードが少ないことが分かるだろう。当然、利用人数も少ないため、SKY LOUNGEよりも快適に利用できるのだ。

ポルシェカード、レクサスカードは、それぞれのオーナーでなければ保有できないクレジットカードとなるため、TIAT LOUNGEを利用するには、TS CUBIC CARDゴールド、アプラスのマンチェスター・ユナイテッドカードGOLD、エムアイカードゴールドの3択となる。ちなみに、羽田空港国際線旅客ターミナルのサイトでは、TIAT LOUNGEが使えるカードにマンチェスター・ユナイテッドカードGOLDの記載は無いが、使えることはアプラスに確認済みだ。

TS CUBIC CARDゴールド、マンチェスター・ユナイテッドカードGOLD、エムアイカードゴールドのいずれも、年会費は1万円(税抜)となるが、家族カードまで考えると、TS CUBIC CARDゴールドが1人目まで無料とコストパフォーマンスは良い。

さらに、TS CUBIC CARDゴールドの場合は、中部国際空港でのQUALIA LOUNGEも利用でき、他の空港ラウンジもほぼ対応しているため、羽田空港国際線、その他空港ラウンジを快適に使いたいために保有するクレジットカードとしては、TS CUBIC CARDゴールドを保有すると良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, ブラックカード, プラチナカード
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース