マイナポイント第2弾で15,000円相当のJRE POINTをゲット! JALのマイルに交換するか「どこかにビューーン!」で利用するか悩ましい

コラム 共通ポイント

マイナポイント第2弾で15,000円相当のJRE POINTをゲット! JALのマイルに交換するか「どこかにビューーン!」で利用するか悩ましい

2022年6月30日(木)に、マイナポイント第2弾の「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」が開始した。すぐにJRE POINTでの申し込みを行い、ポイントの申請をしていた。

マイナポイントで「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」で合計15,000円分のポイントをゲット!
マイナポイントで「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」で合計15,000円分のポイントをゲット!

マイナポイントの「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」で15,000円分のポイントを獲得できる特典が2022年6月30日(木)に開始した。 15,000円のポイントを受け取るためには「 ...

続きを見る

15日程度してから「6月分のマイナポイント付与完了のお知らせ」メールが到着。JRE POINTのwebサイトにログインすると、ポイント数が大幅に増えていた。

履歴を見たところ「7/14マイナポイント第2弾:公金受取口座の登録」として+7,500ポイント、「7/14マイナポイント第2弾:健康保険証としての利用申込み」として+7,500ポイントの合計15,000ポイントを獲得できている。

獲得したJRE POINTは、JALカードSuica CLUB-AゴールドカードでJALのマイルに交換しようと考えていた。1,500 JRE POINT=1,000マイルで交換できるため、15,000 JRE POINTは10,000マイルに交換できる。

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードの場合のJRE POINTからJALのマイル交換

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードの場合のJRE POINTからJALのマイル交換

しかし、2022年12月ごろに開始するJR東日本版の「どこかにマイル」である「どこかにビューーン!」が気になっている。どこかにマイルはJALの特典航空券をおトクに利用できるサービスとなり、4つの行き先候補の中から1つ自動的に選択され、往復6,000マイルで旅行できるサービスだ。

JALの「どこかにマイル」で徳島旅行! ホテルはマリオット系列のルネッサンス リゾート ナルトに決定

目次1 特典航空券のチケットは何か違いがある? 2 徳島の観光地・名産は?3 大迫力の渦潮は見ることができなかった…4 鳴門の海は綺麗! 食べ物も美味しい! 5 時間があれば内陸部や淡路島観光も 先日 ...

続きを見る

2022年12月に開始するのが「どこかにビューーン!」。仕組みはほぼ「どこかにマイル」と同じで、行き先候補が4つ選ばれ、自動的に1つに決定する。6,000ポイントで往復の新幹線利用が可能だ。

JR東日本、4つの行き先候補駅からランダムに選ばれた1つの駅に6,000ポイントで行ける「どこかにビューーン!」を開始
JR東日本、4つの行き先候補駅からランダムに選ばれた1つの駅に6,000ポイントで行ける「どこかにビューーン!」を開始

JR東日本は、2022年12月より、4つの行き先候補駅からランダムに1駅が選ばれ、6,000 JRE POINTで往復できる「どこかにビューーン!」を開始する。 「どこかにビューーン!」は、JR東日本 ...

続きを見る

筆者は、マイルをためているため、JALのマイルもANAのマイルもそこそこ保有しているが、JRE POINTを一気にためるのは新幹線利用がなければなかなか難しい。6,000 JRE POINTをためるのは、そこそこ時間もかかりそうで、今回のマイナポイントで獲得したJRE POINTをそのまま12月以降に使う事も検討中だ。

JRE POINTではマイナポイントのキャンペーンも実施している。

JR東日本、マイナポイントで「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」で1万JRE POINTが当たるキャンペーン実施
JR東日本、マイナポイントで「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」で1万JRE POINTが当たるキャンペーン実施

JR東日本は、2022年6月30日(木)より、マイナポイントで「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」に対するポイント付与をSuicaで申し込むと、毎月1,000名に1万 JRE POI ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース