コラム テクニック

のるレージの名誉駅長になって申し込んだ「ブラックPASMO」が到着

ブラックPASMOが簡易書留で到着先日、東急線のポイントサービス「のるレージ」で名誉駅長を達成して申し込んだ「ブラックPASMO」が簡易書留で到着した。

ブラックPASMOとは、のるレージで名誉駅長になった時に申し込めるオリジナルPASMOだが、名誉駅長までの道のりはかなり長い。

ブラックPASMOは販売しておらず、記名式のためオークションなどはあまり見かけないレアPASMOとなっている。

では、通常のPASMOとブラックPASMOに違いはあるのだろうか?

定期券を搭載できる!

通常のPASMOと同様、ブラックPASMOにも定期券を搭載することが可能だ。ただし、定期券を新規に購入する場合、または磁気定期券の場合のみ移し替えができ、現在保有しているPASMOやSuicaの定期券情報や残高を移し替えすることはできない。

従って、PASMOやSuicaを使っている場合、残高を使いきり、定期券の有効期限後にブラックPASMOに移行する必要があるということだ。

有効期限が設定されている!

ブラックPASMOは有効期限があるブラックPASMOの場合は有効期限が設定されている。筆者の有効期限は2018年6月となっているため、2年間の有効期限があるということだ。

つまり、「2年間しか利用することができないPASMO」ということになる。これは、定期券も同様、有効期限を超えている定期券を購入すると、カードの有効期限以降は使えなくなるということだ。

例えば、2018年4月に6ヶ月定期を購入したとする。その場合、2018年7月1日以降も定期は有効のはずだが、PASMOの有効期限が優先されるため、定期券も利用できなくなる。もちろん、PASMOの残高も利用できなくなってしまう。


以上のことから、ブラックPASMOは日常使いには適していないことが分かるだろう。有効期限があるため定期券としても利用しにくく、お店でも見せることはないため、ほぼ使い道はない。

ただ、獲得までに最低でも数ヶ月かかることから、「ようやく獲得した!」という達成感は味わえるはずだ。

のるレージもいつまで続くかはわからないため、気になる方は"修行"を始めてみてはいかがだろうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, テクニック
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース