You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 羽田空港 第1旅客ターミナルのPOWER LOUNGE NORTHがきれいになっていた! 座席にはUSBポートも

羽田空港 第1旅客ターミナルのPOWER LOUNGE NORTHがきれいになっていた! 座席にはUSBポートも

羽田空港 第1旅客ターミナルのPOWER LOUNGE NORTHがきれいになっていた! 座席にはUSBポートも

2017年9月25日(月)に羽田空港 第1旅客ターミナルにあるカードラウンジ「POWER LOUNGE NORTH」がリニューアルオープンした。

今回は、お土産を買う必要があり、JALのサクララウンジを利用しなかったが、搭乗ゲートまで歩いている途中にきれいになった「POWER LOUNGE NORTH」を発見。

ちょっと中を覗いてみたくなったので、利用することにした。

POWER LOUNGE NORTHを利用できるクレジットカードは?

入口には、POWER LOUNGE NORTHの利用案内がある。営業時間は6:00~20:30、利用料金は大人が1,000円(税抜)、4~12歳までの小人が500円(税抜)となる。3歳以下は無料だ。

対象カードは、一般的なゴールドカード。注意点としては、楽天ゴールドカードの表記があるが、2018年9月1日(土)からは年2回まで無料という制限が付く。

また、アプラスの表記は「World Elite Mastercard」「World Mastercard」とカード名称が書かれていないが、ラグジュアリーカードとポルシェカードが利用できると言う事だ。

なお、アメリカン・エキスプレスのカードとポルシェカードのみ同伴者1名まで無料で利用することができる。

開放感のあるラウンジはUSBケーブルを持って行けば充電も可能に

ラウンジに入る前からわかるが、窓が大きく開放感がある。閉ざされていないため、入りたくなるようなラウンジとなっている。

入口付近にはドリンクカウンターが設置され、コーヒーや紅茶などは一通り用意されている。

鏡のような平面ディスプレイに搭乗案内が表示される。

飲み物を入れて、カウンターのような席に座った。約150席あり、圧迫感はない。座席下にはコンセントだけでなく、USBが用意されている。スマートフォン用のケーブルを持っていれば充電することも可能だ。また、荷物掛けもあり、隣の席を使う必要もない。

外から見えるようにする事でカード会員増加の狙いも?

ラウンジは、外部から遮断されているのが基本だ。しかし、POWER LOUNGEは外部からも様子を確認することができる。

対象カードを保有している人にとっては、入る前から混雑具合を把握できる。対象カードを持っていない人には、きれいなラウンジ内を見せることで、「こんな所なら入ってみたい」と思わせる効果もありそうだ。実際、今回ラウンジを利用する気はなかったが、きれいになったラウンジを見て入りたくなった。

ラウンジ内を見ただけでは、自らゴールドカードを申し込もうと言う気にはならないだろうが、ゴールドカードの案内が届いたときには切り替えても良いかもと思うかもしれない。ゴールドカードの対象者が増えれば、ラウンジ利用者も増える。

日本空港ビルデングの決算情報にはラウンジ利用者数は入っていないため、利用率がアップしたか確認ができない。プレゼンテーション資料の「施設管理運営業」にある「国際線駐車料、有料待合室ラウンジ、広告料収入等」を見ると、利用者数がアップしたかの判断材料になるかもしれない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 806

© 2013 ポイ探

Scroll to top