楽天証券で楽天キャッシュによる投信積立を実施してみた! 楽天カード⇒楽天キャッシュ、楽天キャッシュでの積立で期間限定1%還元キャンペーンも実施

クレジットカード特集 コラム プリペイドカード

楽天証券で楽天キャッシュによる投信積立を実施してみた! 楽天カード⇒楽天キャッシュ、楽天キャッシュでの積立で期間限定1%還元キャンペーンも実施

現在、楽天カードによる楽天証券での投信積立サービスがあるが、2022年9月買付以降から還元率が0.2%にダウンする場合が多くなる。

楽天証券、楽天カードでの投信積立時のポイント付与レートを改悪 0.2%になる場合も
楽天証券、楽天カードでの投信積立時のポイント付与レートを改悪 0.2%になる場合も

楽天証券では、2022年9月買付分より、楽天カードクレジット決済でのポイント還元率を一部変更する。 現在は、楽天カードでの投信積立時には1%の楽天ポイントが貯まるが、9月買付分より、購入銘柄によって還 ...

続きを見る

しかし、2022年6月19日(日)より、楽天キャッシュによる楽天証券での投信積立サービスが開始し、楽天カードで楽天キャッシュを購入するときに0.5%の楽天ポイントが貯まり、2022年8月買付分~12月買付分までは、楽天キャッシュで投信積立すると+0.5%、合計1%の楽天ポイントが貯まるキャンペーンを実施する。

楽天証券、楽天キャッシュでの積立投資サービスを2022年6月19日から開始 オートチャージ「残高キープチャージ」も
楽天証券、楽天キャッシュでの積立投資サービスを2022年6月19日から開始 オートチャージ「残高キープチャージ」も

楽天証券では、2022年6月19日(日)より、オンライン電子マネーの楽天キャッシュによる投信積立サービスを開始する。 楽天キャッシュは楽天カードからチャージすると0.5%の楽天ポイントを獲得でき、20 ...

続きを見る

早速、2022年12月買付分までは1%還元となる楽天キャッシュによる投信積立を実施してみたので紹介したい。楽天証券によると、2023年1月以降のキャンペーンはどうなるか未定とのこと。

楽天証券にログインし、投資信託を選ぶ。今回は「eMAXIS Slim米国株(S&P500)」を選んだ。積立投資を選択すると「楽天キャッシュ(電子マネー)」とある。積立指定日を選択し、積立金額を入力、分配金コースと口座を選択して「目論見書の確認へ」をクリック。楽天キャッシュでの積立の場合、積立指定日を選択できるため、給料日などに自分で設定することも可能だ。

楽天キャッシュでの投信積立メニュー

楽天キャッシュでの投信積立メニュー

続いて、「楽天キャッシュの設定」画面が表示されるため、「楽天キャッシュの設定へ」ボタンをクリック。楽天IDでログインすると「楽天キャッシュ残高キープチャージ」の設定画面が表示される。チャージ方法は現時点で楽天カードのみ。「規約に同意してチャージ方法を設定する」をクリックする。

楽天キャッシュのチャージ方法を選択

楽天キャッシュのチャージ方法を選択

設定する楽天カードを選択して、「設定する」ボタンをクリック。セキュリティコードを入力する必要があるためカードは手元に用意しておこう。

楽天キャッシュにチャージする楽天カードを選択

楽天キャッシュにチャージする楽天カードを選択

続いて、キープしたい残高を設定する。今回は、5万円の積立を実施するため、5万円を設定し「上記金額で設定する」ボタンをクリック。

残高キープチャージの金額を設定

残高キープチャージの金額を設定

これで、楽天キャッシュの残高が5万円を下回ると、自動的に指定した楽天カードからチャージされることになる。

残高キープチャージの設定が完了

残高キープチャージの設定が完了

「楽天証券ページに戻る」ボタンをクリックすると、楽天証券の積立設定ページが表示される。取引用暗証番号を入力して「注文する」ボタンをクリックで積立設定が完了する。

楽天キャッシュによる積立設定の確認

楽天キャッシュによる積立設定の確認

積立設定一覧を確認すると「クレジットカード決済」と「楽天キャッシュ」の2つの積立が確認できた。楽天カードでの積立投資で5万円、楽天キャッシュでの積立投資で5万円の合計10万円が最大となる。

楽天キャッシュと楽天カードでの投信積立

楽天キャッシュと楽天カードでの投信積立

2023年1月以降に+0.5%還元がなくなった場合でも、楽天カードで0.2%還元になる投資信託の場合は楽天キャッシュでの積立に変更した方が0.3%分おトクになる。ただし、楽天カードでの投信積立で1%還元の場合は、楽天キャッシュでの積立投資よりも楽天カードでの積立の方がおトクとなるため、「引落口座」のメッセージをよく確認しておこう。

例えば、楽天カードでの積立で1%還元のファンド「PayPay投信AIプラス」を確認すると「楽天カードクレジット決済」で「決済額1%の楽天ポイント」とある。

楽天カードでの投信積立で1%になる場合

楽天カードでの投信積立で1%になる場合

一方、筆者が選んだ「eMAXIS Slim米国株(S&P500)」の「楽天カードクレジット決済」を見ると「7月12日(火)までの設定による8月購入分は1%、9月購入分からは0.2%ポイント還元」との表記となる。

楽天キャッシュでの投信積立メニュー

楽天カードでの投信積立で0.2%になる場合

従って、「PayPay投信AIプラス」の場合は楽天カードで直接積立、「eMAXIS Slim米国株(S&P500)」の場合は楽天キャッシュで、楽天カードによる間接積立がおトクだ。

「楽天キャッシュ残高キープチャージ」が開始したため、楽天キャッシュを楽天ペイなどで使ったとしても、投信積立時に楽天キャッシュが足りずに決済できない、と言う事は少なくなる。楽天カードでの投信積立で1%の楽天ポイントを獲得できない投信の場合は楽天キャッシュに切り替えておこう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プリペイドカード
-, , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース