国民生活センターが「サブスク」請求トラブルに注意喚起 カード明細の確認を忘れずに

クレジットカード特集 コラム

国民生活センターが「サブスク」請求トラブルに注意喚起 カード明細の確認を忘れずに

2021年10月12日

国民生活センターでは、2021年10月7日(木)に、webでサブスク請求トラブルの注意喚起を行った。

サブスクとは、定められた料金を定期的に支払う事により、一定期間、商品やサービスを利用することができるサービスだ。

相談事例として、以下の4つが紹介されている。

  • 【事例1】メーカーの公式サイトと勘違いして有料質問サイトを利用し、月額料金を請求された
  • 【事例2】動画配信サービスの解約を忘れ、利用していないにもかかわらず代金を請求された
  • 【事例3】通販サイトの有料会員に登録したメールアドレスがわからず、解約できない
  • 【事例4】1週間の無料体験のためにダイエットトレーニングアプリをダウンロードした後、退会したと思っていたら継続課金になっていた

筆者のパートナーも解約したつもりだったが、解約できておらず、しばらく料金を引き落とされていたことがある。

サブスクリプションの落とし穴! カード明細はしっかり確認しよう!
サブスクリプションの落とし穴! カード明細と最終引き落とし日をしっかり確認しよう!

先日、パートナーのカード明細を見たところ気になる利用があった。ブランドバッグのレンタルサービス「Laxus(ラクサス)」の引き落としだ。 Laxusの継続課金 退会したためバッグの返却を行ったようだが ...

続きを見る

国民生活センターには、「サブスクの契約のポイントは、契約中はサービスを受けることが可能であり、利用していなくても料金が発生することです。また、解約しない限り契約は自動で更新されるため、支払いも続くことになります」とあり、前回のミスはこのパターンだった。

毎月"物"が送られてくるサービスなどは、"物"が送られてくる事で契約が続いている事がわかるが、音楽などのサブスクの場合は利用しているかどうかが確認しにくい。

アドバイスとして5つ紹介されているが、重要なのは"1"と"4"だろう。

  1. 「無料体験」「無料トライアル」の広告・表示をきっかけにサブスクを申し込む際には、契約条件をよく確認してから契約しましょう
  2. 解約する場合は、事業者の公式ホームページなどで手続き方法を確認しましょう
  3. 申し込む前に、契約の相手方の事業者名、サービス内容、解約方法を確認しましょう/申し込み時の登録情報は解約手続きに必要になりますので忘れないようにしましょう
  4. 利用していないサブスクの支払いがないか、クレジットカード等の明細は毎月確認しましょう
  5. 不安に思った場合や、トラブルが生じた場合は、すぐに最寄りの消費生活センター等へ相談しましょう

特に"4"が重要で、クレジットカードの利用明細を確認すれば、不正利用も確認でき、さらに使っていないサービスなども確認する事ができる。web明細やカード会社のアプリでは、利用日から数日程度で明細を確認できるため、しっかり明細を確認するようにしよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース