コラム 共通ポイント

楽天市場のSPUに+αでポイントゲット! 楽天ウェブ検索が穴場

SPU(スーパーポイントアッププログラム)はエントリー不要で最大16倍

楽天市場にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)がある。楽天グループのサービスを利用すると楽天市場の買物が最大16倍だ。

楽天会員であれば1倍。続いて、楽天カードの場合は+2倍。通常の楽天カード分に加えて1倍分が上乗せとなる。楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ブラックカードの場合は、さらに+2倍の上乗せで合計5倍分のポイントを獲得可能だ。

楽天カードの引落口座を楽天銀行に設定していると+1倍、楽天モバイルの契約で+1倍と、楽天グループを利用すればするほど楽天市場でのポイント獲得数が増える仕組みとなる。

追加倍率 獲得条件
楽天会員 1倍 楽天会員であること
楽天モバイル +1倍 楽天モバイル契約中
楽天ひかり +1倍 楽天ひかりマンションプランまたはファミリープラン契約中
楽天カード +2倍 楽天市場で楽天カード利用
楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード +2倍 楽天市場で楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード利用
楽天銀行+楽天カード +1倍 楽天銀行で楽天カードの引落
楽天の保険+楽天カード +1倍 「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払い
楽天でんき +0.5倍 楽天電気に加入&利用
楽天証券 +1倍 楽天証券で楽天ポイントを使って投資信託を購入
楽天トラベル +1倍 楽天トラベルを当月1回利用
楽天市場アプリ +0.5倍 楽天市場アプリからの購入
楽天ブックス +0.5倍 楽天ブックスで当月1,000円以上購入
楽天Kobo +0.5倍 楽天Koboで当月1,000円以上購入
楽天Pasha +0.5倍 Rakuten Pashaの"トクダネ"で合計100ポイント以上獲得
Rakuten Fashion +0.5倍 Rakuten Fashionで当月1回購入
楽天TV・NBA Rakuten +1倍 NBA Rakuten / Rakuten TVの利用
楽天ビューティ +1倍 3,000円(税込)以上のネット予約&施術完了
合計 16倍

SPUは「エントリー不要」というのが特徴となり、条件さえ満たしていれば自動的にポイントがアップする。

楽天ウェブ検索で毎日ポイントゲット! ポイントは通常ポイント

この特典に加えて、おすすめしたいのが「楽天ウェブ検索」だ。まず、楽天ウェブ検索の仕組みを紹介しよう。

楽天ウェブ検索は、いつも使う検索を「楽天ウェブ検索」にするだけで楽天ポイントを獲得できるサービスとなる。

毎日100万ポイントの山分けとなり、検索した口数に応じて100万ポイントの山分けだ。1日30口までの検索が対象となり、5口以上で山分けのキャンペーン対象となる。1日の口数は検索バーの下に表示され、カレンダーで毎月の検索状況を確認することが可能だ。

楽天ウェブ検索の応募口数と検索状況

楽天ウェブ検索の応募口数と検索状況

2020年7月以前は1日30口の応募で5ポイント獲得できていたが、7月に入ってから4ポイントとなっている。それでも4×30=120ポイントを毎月獲得できると考えるとおトクだろう。

楽天ウェブ検索で獲得した楽天ポイント

楽天ウェブ検索で獲得した楽天ポイント

検索結果もそれほど違いはない。「楽天ウェブ検索」と言うキーワードを「楽天ウェブ検索」「Google」「Yahoo!」で検索してみると以下のようになる。

「楽天ウェブ検索」「Google」「Yahoo!」で「楽天ウェブ検索」を調べる

「楽天ウェブ検索」「Google」「Yahoo!」で「楽天ウェブ検索」を調べる

検索順位は全く同じだ。これは、検索システム自体はGoogleのエンジンを利用しているために同じ結果となる。なお、ニュース結果などの独自カスタマイズが入るため、「新型コロナウイルス」などのキーワードでは検索結果内にそれぞれのニュースなどが挿入される事もある。

毎日5口+エントリーで楽天市場のポイント2倍

毎月120ポイントのためだけに楽天ウェブ検索を使うのは大変だ。楽天ウェブ検索の最大の特徴は、毎月5口以上を5日間以上検索し、エントリーを行うと楽天市場のポイントが+1倍増える。

+1倍といっても上限がある。2020年6月までは300ポイントが上限だったが7月以降は200ポイントと下がっている。

楽天ウェブ検索で+1倍

楽天ウェブ検索で+1倍

毎日検索で120ポイント、7月以降の200ポイントと考えると320ポイントは獲得可能だ。もちろん、200ポイントは楽天市場での買い物に対するポイントのため、楽天市場を利用する必要があるが、SPUと組み合わせて利用したい特典だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース