未成年口座でも日興フロッギーは口座開設で500 dポイントを獲得できた! 記事閲覧のポイントも獲得可能!

コラム 共通ポイント

未成年口座でも日興フロッギーは口座開設で500 dポイントを獲得できた! 記事閲覧のポイントも獲得可能! dポイントをジュニアNISAで利用するには要注意

2021年8月24日

次男用のジュニアNISA口座としてSMBC日興証券で口座開設を行った。既に投資信託の取引は行っているが、次男のdアカウントのdポイントが増えていたのでポイント獲得履歴を見ることに。

SMBC日興証券のジュニアNISA口座開設完了! ジュニアNISAの口座で取引してみた!
SMBC日興証券のジュニアNISA口座開設完了! ジュニアNISAの口座で取引してみた!

楽天証券、SBI証券とジュニアNISA口座を開設して取引してきたが、ようやくSMBC日興証券のジュニアNISA口座も開設できた。 今回は、SMBC日興証券でジュニアNISA口座で取引してみたので紹介し ...

続きを見る

2つのポイントが付与されており、1つ目は「日興フロッギー 記事閲覧」、2つ目は「日興フロッギー 口座開設キャンペーン」だ。

dポイントの履歴で日興フロッギーのポイントを確認

dポイントの履歴で日興フロッギーのポイントを確認

日興フロッギーでは、dポイントを利用した投資が可能となっており、期間・用途限定のdポイントも投資する事ができる。日興フロッギーでは「上場米国」を購入することにした。購入時には、「一般口座」「特定口座」「NISA口座」で選ぶことができるが、「NISA口座」を選ぶとエラーが表示される。

日興フロッギーでNISA口座を選択するとエラーになる

日興フロッギーでNISA口座を選択するとエラーになる

ログインしている口座が通常の未成年口座のため、ジュニアNISAの口座情報でログインすれば良いのかと思って、ジュニアNISA口座の口座番号でログインを試みたがログインできず。

日興フロッギーでNISAを選ぶとエラー

日興フロッギーでNISAを選ぶとエラー

日興イージートレードでキンカブを購入すればジュニアNISAで買付する事ができるのだが、日興イージートレードでの取引時にはdポイントを利用できない。

結局、日興フロッギーでdポイントを使ってジュニアNISAを利用した取引方法がわからず、特定口座で購入した。合計400ポイントを利用した。

日興フロッギーで特定口座で購入

日興フロッギーで特定口座で購入

その後、日興イージートレードからジュニアNISA口座にして日興フロッギーにアクセスするメニューがあるのではないかと思って、確認してみることに。やはり、日興イージートレードからジュニアNISA口座にアカウントを切り替えると、右側のメニューに「日興フロッギー」のバナーがあった。

日興イージートレードのジュニアNISA口座にある日興フロッギーのバナー

日興イージートレードのジュニアNISA口座にある日興フロッギーのバナー

こちらをクリックすると、「資産評価額」に560,002円とあり、やはり通常の口座から資金移動したジュニアNISAの金額が表示されているため、ジュニアNISA口座でのログインとなっている事がわかる。

日興イージートレードからジュニアNISA口座に変更して日興フロッギーにアクセス

日興イージートレードからジュニアNISA口座に変更して日興フロッギーにアクセス

この状態では、dアカウント連携がまだされていないため、再度dアカウントでログインして連携。今度は、「上場米国」を購入する際に「NISA口座」を選択すると「利用可能額:560,000円」とあり、ジュニアNISA口座で購入できるようになった。

ジュニアNISA口座でdポイントを利用

ジュニアNISA口座でdポイントを利用

「決済方法」を「保有dポイント」の状態で、購入金額を100円単位で指定すると、dポイントを使ってジュニアNISA口座で株を購入することができる事がわかった。

日興フロッギーのジュニアNISA口座でdポイントを使って購入

日興フロッギーのジュニアNISA口座でdポイントを使って購入

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース