クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

メールでのコンシェルジュサービスを利用できるプラチナカード・ブラックカードは?

クレジットカードのコンシェルジュデスクは、基本的には電話でのやり取りとなる。24時間365日利用できるため、深夜でもレストラン手配や宿泊手配などが可能だ。

ただし、多くの場合は電話での返答となるが、コンシェルジュデスクによってはメールでの連絡が可能なものもある。

VPCC(Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター)

Visaブランドのプラチナカードの場合はVPCCの利用が可能だ。VPCCでは「コンシェルジュ・オンライン」の利用ができる。ただし、事前登録が必要のため、登録しなければ利用できないので注意が必要だ。

利用できるプラチナカードは、SuMi TRUST CLUB プラチナカード、デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVisaカード、レクサスカード、マイレージ・プラス セゾンプラチナカード、エポスプラチナカード、スルガプラチナカード、七十七Visaプラチナカード、むさしのVisaプラチナカード、道銀Visaプラチナカード、北陸Visaプラチナカードとなる。Visaブランドでも三井住友プラチナカードなどでは利用できない。

ログインすると、「フライト」「ホテル」「レストラン」「レンタカーの予約」「イベントチケット」「旅行プランに関するご相談」「その他リクエスト」という項目が表示され、例えば、ホテルの場合は、希望ホテル、ホテルの場所、都市、チェックイン・チェックアウト日、宿泊人数、価格帯、ホテルの会員プログラム名と会員番号、要望などを入力することで送信することができる。

返信方法もメール、電話、FAXから選択することが可能となっているため、全てメールのみで対応可能だ。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカードの場合、「Club Online」で利用することができる。ログイン後、メニューの「オンラインコンシェルジュお申込みフォーム」を選択すると、「国内線航空券の照会」「国際線航空券の照会」「ホテル・旅館の照会」「旅行プランに関する相談」「レストランの予約」「チケットの手配」「商品検索(国内・海外)」「ゴルフ場の予約」のメニューから選択できる。

ホテルを選択すると、入力項目はVPCCのコンシェルジュ・オンラインとほぼ同じとなる。電話での回答を選択した場合は、電話可能時間を選択できるのがVPCCのコンシェルジュ・オンラインより、少し使い勝手が良い。

以前は、一回目だけ電話、それ以降はメールでのやり取りだったが、最初からメールでのやりとりができるように改善されている。

ただし、メニューを見ても分かる通り、「航空券の照会」「ホテル・旅館の照会」と「照会」となっているため、実際の予約については、カード番号を伝えるために電話でのやり取りが発生する。航空券やホテル・レストラン手配は、電話でのやり取りのほうがスムーズだろう。

ラグジュアリーカード

メールでの問い合わせが可能だが、初回は本人確認のために電話がある。従って、電話で問い合わせてからメールでやり取りするのがおススメだ。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュデスクは、カード番号が不要。通常、カード番号、本人確認のための質問が2つほどあるが、ラグジュアリーカードの場合は、名前と本人確認のための質問だけで良い。カードが手元になくても問い合わせることができるのは非常に便利だろう。

また、オンラインフォームがなく、特定のメールアドレスに送るだけとなる。型にはまっていない分、好きなフォーマットで入力できるのが特徴だ。


ダイナースクラブ プレミアムカードのフォームには、急ぎの場合は電話で問い合わせして欲しいとある。基本的には電話が一番早く、新幹線の中など、電話での問い合わせが難しいときにメールでの問い合わせが良いだろう。

問い合わせは電話、回答をメールという事も可能となり、「宿泊可能なホテルを調べて欲しい」「母の日の花を手配したい」などの時に、イメージを確認するためにメールでリンクを送ってもらうという使い方もできる。

全てメールでというよりも、電話とメールを使い分けると、コンシェルジュデスクはさらに使いやすくなるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, , , , , , , , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース