ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスでチャットで問い合わせしてみた!

クレジットカード特集 コラム ブラックカード

ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスでチャットで問い合わせしてみた!

ラグジュアリーカードでは2021年4月より、ゴールドカード会員限定で、ライブチャットでコンシェルジュデスクを利用できるサービスが開始している。

ラグジュアリーカード、ゴールドカード会員向けにライブチャット機能でコンシェルジュデスクを利用できる機能を追加
ラグジュアリーカード、ゴールドカード会員向けにライブチャット機能でコンシェルジュデスクを利用できる機能を追加

ラグジュアリーカードでは、2021年4月下旬より、ゴールドカード会員向けにライブチャットでコンシェルジュデスクを利用できる機能を追加する。 法人・個人のゴールドカード会員が対象となり、アプリでリアルタ ...

続きを見る

利用可能時間は平日の10:00~18:00となかなか使いにくいサービスで、使う事がほとんどなかった。今回、旅行の宿泊予約を行うために使ってみようとライブチャットで問い合わせしてみた。

ラグジュアリーカードのアプリを起動し、「Chat」メニューから「チャットを始める」をタップ。

ラグジュアリーカードのアプリでチャットサービスを起動

ラグジュアリーカードのアプリでチャットサービスを起動

メッセージの入力欄に予約したい場所、日付、人数、年齢などを入力していくが、返信があったという通知がないため、なかなかタイミングが取りにくい。しばらくしてから、2日後に検索結果をメールで送信すると言う事で終了。

簡単なやりとりだが、不慣れなためか40~50分程度かかってしまった。電話で問い合わせればもっと早く問い合わせる事ができたため、電話ができる状態であれば電話で問い合わせる方が早いだろう。

では、どのような時にライブチャットで問い合わせるのが良いのだろうか。色々考えて見たが、あまり利用できるシーンが思い浮かばない。

電話ができないような状態でコンシェルジュデスクを利用したいと言うシチュエーションに利用できるのだが、そのような状況になることはあまり想像できない。電話するよりも簡単に済ませられるような問い合わせで考えると、既に予約済みの宿泊施設やレストランの変更やキャンセルなどは使いやすいかもしれない。問い合わせ回数も少なく、これこれをキャンセルしておいてくださいと送るだけだ。

もう少し使い道を増やす場合は、アプリではなくPCからのアクセスができると良さそうだ。PCの場合は複数画面を起動でき、チャットを見ながら他の作業もできる。今のままでは、正直ライブチャットでのコンシェルジュデスクを利用する事はないだろう。

なお、22日の夜中にメールで連絡が来たが、もう少し良い宿泊施設が良かったため、自分で予約する事にした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース