クレジットカード特集 コラム

三井住友カードのキャッシュバックサービスがリニューアル! 1ポイント=1円でキャッシュバック可能に!

三井住友カードの進化が止まらない。2021年3月1日(月)にVポイント交換景品の「iDバリュー」と「キャッシュバック」が統合し、「<新>キャッシュバック」サービスが開始する。これは意外と便利なサービスなので、三井住友カード利用者には朗報だろう。

従来のiDバリューへの交換の場合、iDの利用金額にのみ充当されるキャッシュバック方式となっており、3ヵ月間の間で使わなければ失効する。また、キャッシュバックの場合は有効期限はなく、どの支払に対しても充当する事ができたが、5ポイント=3円分とレートが悪い。

「<新>キャッシュバック」は、全ての支払に対して1ポイント=1円で充当でき、3ヵ月間の有効期限と言うiDバリューとキャッシュバックのそれぞれの特徴を併せ持ったサービスとなる。

例えば、3月25日に<新>キャッシュバックとして5,000 Vポイントを交換した場合、4月3日頃に反映する。3月16日~4月15日のカード利用が0円の場合は、5月10日の請求は0円。キャッシュバックの残高は5,000円が残っている。4月16日~5月15日までの間に2,000円のカード利用があった場合、6月10日には2,000円分が使われて請求額は0円。キャッシュバック残高は3,000円となる。5月16日~6月15日までの間にカード利用が無い場合は、7月10日の請求額も0円で、キャッシュバック残高は3,000円のまま。6月16日~7月15日の間に1,000円のカード利用がある場合は、8月10日で1,000円分が利用され請求は0円だ。キャッシュバック残高は2,000円となるが、3ヵ月の期間で消化できなかったため、2,000円分は消滅する。ただし、1ヵ月間の利用額以上のポイントをキャッシュバック申請しなければ失効することはほとんどない。

<新>キャッシュバックの解説(三井住友カードのwebページより)

<新>キャッシュバックの解説(三井住友カードのwebページより)

新たに発行開始した年会費3万円(税抜)の三井住友カード プラチナプリファードは基本還元率が1%。ポイントアップ店で利用すると2~10%のポイントを獲得できる。

【UPDATE】三井住友カード プラチナプリファードを申込! 三井住友カード プラチナと徹底比較!

目次1 三井住友カード プラチナプリファードを申込!2 三井住友カード プラチナプリファードの基本スペック3 ポイント還元は1% 他のカードの特典は利用不可4 プリファードストア(特約店)は8カテゴリ ...

続きを見る

還元率が高いのだが、やはりVポイントの使い勝手は気になるところだろう。2020年10月にはVポイントから楽天ポイントへの交換レートが下がり、Vポイントの使い道に困っている人もいるのではないだろうか。

三井住友カードと三井住友銀行のVポイントから楽天ポイントへの交換レートが変更

三井住友銀行と三井住友カードのVポイントでは、2020年10月1日(木)より楽天ポイントへのポイント交換を変更する。なお、法人カードのワールドプレゼントのポイントも変更だ。 現在は、Vポイントの場合5 ...

続きを見る

<新>キャッシュバックを利用すれば、どの支払に対しても1ポイント=1円として充当できるため、他社ポイントに交換する必要もない。

さらに、SBI証券でVポイントを使って投信買付などもできるようになる予定で、楽天ポイントのように何にでも使えるポイントになりつつある。

三井住友カード、クレジットカードやVポイントで投信購入や保有している投資信託残高に応じてVポイントを獲得できるサービスを開始

SBI証券と三井住友カードは、2021年2月以降にSBI証券の投信積立サービスでクレジットカード決済やVポイントでの投資信託買付などのサービスを開始する。 SBI証券の投信積立サービスで三井住友カード ...

続きを見る

基本的にサービスは改悪されることが多いのだが、三井住友カードは改善が多い。今後も期待できそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース