Kyashの共有口座を作ってみた! 支払い前にはどの口座から支払っているかの確認を

コラム プリペイドカード

Kyashの共有口座を作ってみた! 支払い前にはどの口座から支払っているかの確認を

Kyashの共有口座が開始した。

Kyash、共有口座機能の提供を開始 2,000円分のKyashポイントが当たるキャンペーンも
Kyash、共有口座機能の提供を開始 2,000円分のKyashポイントが当たるキャンペーンも

Kyashは、2021年5月11日(火)より、パートナーや家族、友人と支出や残高の情報をリアルタイムに共有できる「共有口座」機能を開始した。 個人口座とは別に、新たにアプリ上でパートナーや家族、友人と ...

続きを見る

ミクシィのJCBプリペイドカードのようにグループ機能が追加となったため、実際に共有口座を使ってみたので紹介した。

JCBプリペイド「6gram」って何? バーチャルカードを何枚でも発行でき、グループ機能なども面白い!
JCBプリペイド「6gram」って何? バーチャルカードを何枚でも発行でき、グループ機能なども面白い!

目次1 6gramでは何枚でもバーチャルプリペイドカードを発行可能!2 6gramの特徴はグループウォレット機能3 6gramのQUICPayはカードを動的に変更可能 6gram - クレジットカード ...

続きを見る

最初にKyashを起動し、「>」をタップすると「+共有口座を追加」の画面が表示されるため、タップする。

Kyashの共有口座作成画面

Kyashの共有口座作成画面

共有口座の確認画面が表示されるため「共有口座を作る」をタップ。口座の表示名を「菊地家」として指定し、「作成」ボタンをタップ。すぐに共有口座が作成されるが0円となる。

Kyashの共有口座が作成できた

Kyashの共有口座が作成できた

続いて、メンバーを招待しよう。右上の「+」をタップし、ユーザー検索する。招待すると招待した人にメッセージが送信される。共有口座に参加する場合は「参加」ボタンをタップ。

Kyashの共有口座招待画面

Kyashの共有口座招待画面

これで共有グループに参加となる。メンバー一覧を確認すると、オーナーとそれ以外で表示されている。

Kyashの共有口座のメンバー一覧

Kyashの共有口座のメンバー一覧

個人口座から共有口座に入金する。今回は500円を指定して「入金」ボタンをタップ。

Kyashの共有口座に500円を移動

Kyashの共有口座に500円を移動

なお、共有口座にチャージできる残高はATMや銀行振替などでチャージした「Kyashマネー」のみとなる。クレジットカードやKyashポイントなどでチャージした「Kyashバリュー」はチャージできない。

KyashマネーとKyashバリューの違い

KyashマネーとKyashバリューの違い

共有口座に500円がチャージされる。この共有口座をメインで利用するために「支払い口座に設定」をタップ。

Kyashの共有口座を支払い口座に設定

Kyashの共有口座を支払い口座に設定

これで、Kyash Cardなどを利用した場合に、共有口座から支払われる。

では、最初にネットで買物をしてみる。AmazonでAmazonギフト券を購入。AmazonにKyashを登録したときに1円与信があるため-1円。その後110円利用すると残高は389円となった。

Kyashの共有口座を使ってみる

Kyashの共有口座を使ってみる

続いて、Kyashマネーを共有口座に入金後、リアル店舗で使ってみた。今回はKyash Cardをセブン-イレブンで利用。タッチ決済で支払ってみたが、共有口座から支払われていることを確認できた。

Kyash Cardでセブン-イレブンで支払ってみた

Kyash Cardでセブン-イレブンで支払ってみた

今回は共有口座から支払われることを確認したが、「支払い口座に設定」を間違うと、個人消費を共有口座から、共有口座から支払う予定だったものが個人口座から支払われることもあるため、決済前にはどの口座から支払われるかを確認しておくのが良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース