JCBプリペイド「6gram」って何? バーチャルカードを何枚でも発行でき、グループ機能なども面白い!

コラム プリペイドカード

JCBプリペイド「6gram」って何? バーチャルカードを何枚でも発行でき、グループ機能なども面白い!

2020年12月4日

6gram - クレジットカードの重さの5gに1gを追加したのがミクシィのJCBプリペイドカードだ。

クレジットカードの重さは5g

クレジットカードの重さは5g

ミクシィらしく招待制となるが、6gramのアプリから招待リクエストを送ると招待URLが送られてくる。

6gramのインビテーション

6gramのインビテーション

6gramでは何枚でもバーチャルプリペイドカードを発行可能!

JCBプリペイドカードを何枚でも発行できるのが6gramとなる。アプリでカードを発行してクレジットカードなどからチャージする。チャージした残高の範囲内でJCB加盟店で利用可能だ。

複数のプリペイドカードを作成することができるため、オンラインショッピングでクレジットカード番号を入力したくない場合は新たにプリペイドカード番号を発行し、そのカードで支払うと良い。

例えば、「Amazon一時カード」を発行し、100円分をチャージ。「Amazon一時カード」のカード番号で15円分のAmazonギフト券を購入すると正常に購入することができる。

6gramで一時的にバーチャルカードを作成

6gramで一時的にバーチャルカードを作成

続いて、購入完了後に85円を元のウォレットに戻す。その後、カード設定からカード削除を行えば、このカード番号が漏洩したとしても元々のアカウントの残高が利用されることはない。

6gramでバーチャルカードを削除

6gramでバーチャルカードを削除

簡単にバーチャルカードを作成・削除する事ができるのは意外と便利だ。

6gramの特徴はグループウォレット機能

続いて紹介する機能はインビテーションのメッセージにもある「グループウォレット」。グループを作成し、グループにユーザーを招待。そのカードにそれぞれのアカウントからチャージする事ができる。今回は「ポイ探」グループを作成した。

6gramでグループを作成

6gramでグループを作成

自分で作成したたくさんのプリペイドカードについては残高を自分のアカウントに戻す事ができるが、グループにチャージした金額は戻す事ができないようだ。それぞれのユーザーがグループ内の金額を戻す事ができる場合、送金できることになってしまう。ミクシィは2020年10月末時点で資金移動業者としての登録がないため、グループにチャージした金額は戻せないのだろう。

飲み会などでは、代表者が一括で支払い、後でLINE PayやKyashなどで請求すると、キャッシュレスでお金のやり取りが可能となるが、グループ機能を使った場合は、その場でグループを作成して残高にチャージ。そのグループ残高で支払うという使い方ができるだろう。

ただし、現時点ではリアルカードが発行されていないため、QUICPayで支払う事ができる店舗でなければグループ機能を上手に活用することができない。

6gramのQUICPayはカードを動的に変更可能

なお、6gramのQUICPayは引き落とし先を動的に変更できる仕組みがある。「チャージ」ボタンの横にある「6gram ∞ カード」のようなマークをタップするとカードとグループの一覧が表示される。チェックをグループのカードに変更すると、「QUICPayの設定がポイ探になりました」とメッセージが表示される。

6gramの支払カードをグループカードに変更

6gramの支払カードをグループカードに変更

この状態でQUICPayで決済すると、グループ残高から支払われるため、リアル加盟店でも使う事が可能となる。

6gramのQUICPayは動的に変更可能

6gramのQUICPayは動的に変更可能

わざわざApple Payをグループカードとして登録する必要もなく、6gramのアプリで動的にQUICPayの支払い先を変更できるのは便利だ。リアルカードでアプリで動的に残高を変更できるようになれば、さらに便利な使い方もできそうだ。

6gramが気になる方はアプリをダウンロードして招待リクエストを送ってみよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース