三井住友カードやアプラス、ジャックスなどがApple PayでVisaカードに対応 Apple Pay券面のVisaのロゴを確認

クレジットカード特集 コラム

三井住友カードやアプラス、ジャックスなどがApple PayでVisaカードに対応! Apple Pay券面のVisaのロゴを確認しよう!

三井住友カードやアプラス、ジャックスなどは、2021年5月11日(火)より、VisaブランドのApple Payへの対応を開始した。

Apple PayでVisaブランドの利用が可能に Visaのタッチ決済にも対応
Apple PayでVisaブランドの利用が可能に Visaのタッチ決済にも対応

Visaは、2021年5月11日(火)より、日本国内でApple Payに対応した。 Apple Payは、Appleが提供するデジタル決済サービスとなり、VisaカードをApple Payに設定する ...

続きを見る

iPhoneやApple Watchに対象のVisaブランドカードを登録すると、国内外のVisaのタッチ決済対応店で、端末をかざすだけで支払う事ができる。また、Apple PayのSuicaやApple PayのPASMOへのチャージもアプリから利用可能となる。

Apple PayのSuicaチャージ画面でVisaブランドが選択可能に

Apple PayのSuicaチャージ画面でVisaブランドが選択可能に

なお、既にVisaブランドのクレジットカードをApple Payに登録している場合は、自動的に更新される予定だが、再設定を行うと、Visaのタッチ決済の利用がすぐに利用できる。Visaのタッチ決済に対応している場合はApple Payのカード券面に「Visa」のロゴが表示されるが、表示されていない場合は更新を待つか、再設定を行う必要がある。

Apple PayでVisaのタッチ決済に対応(左は非対応、右は対応)

Apple PayでVisaのタッチ決済に対応(左は非対応、右は対応)

2021年5月11日(火)~6月30日(水)の間、三井住友カードの対象カードをApple Payに設定し、Visaのタッチ決済を利用すると、利用額の最大15%分が還元されるキャンペーンを実施する(上限は1,000円相当)。15%分にはベースポイントは含まれない。

対象カードは三井住友カードのスタンダードカードとANAカード、Visa LINE Payクレジットカードとなり、プリペイドは対象外。スタンダートカードとANAカードはVポイントで、Visa LINE Payクレジットカードは請求金額として還元される。

なお、Apple Payでも「Visaで」や「クレジットカードで」と伝えてVisaのタッチ決済として支払った場合はキャンペーン対象だが、「iDで」として支払った場合は対象外となるため注意が必要だ。Visaのタッチ決済として支払った場合は、レシートに「Visa」とあるが、iDでの決済は「iD」となっているので確認しよう。

Visaのタッチ決済利用時とiD利用時のレシートの違い

Visaのタッチ決済利用時とiD利用時のレシートの違い

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース