楽天カードがまたまた改悪かと思ったら違った 何度見ても間違える表記

QRコード・バーコード クレジットカード特集 コラム 共通ポイント

楽天カードがまたまた改悪かと思ったら違った 何度見ても間違える表記

楽天カードは2021年6月以降、公共料金や税金などの支払いで100円につき1ポイントから500円につき1ポイントに変更すると発表。公共料金や税金に関しての支払いのみと改悪は限定的だが、一気に1/5になったのは衝撃的だった。公共料金などを楽天カードで支払っている場合は、他社カードに変更した方が良いだろう。

楽天カード、税金や公共料金は500円につき1ポイントに改悪
楽天カード、税金や公共料金は500円につき1ポイントに改悪

楽天カードは、2021年6月利用分より、公共料金や税金などは、100円に付き1ポイントではなく、500円に付き1ポイント還元に変更すると発表した。 公共料金(電気・ガス・水道)、税金(国税・都道府県税 ...

続きを見る

楽天カードのwebサイトには「公共料金等のカード利用獲得ポイントについて」のページがあり、2021年4月16日(金)に変更されている。変更は200円につき1ポイントの対象サービスやポイント対象外のサービスなども追記された。

200円につき1ポイントのサイービスは「楽天Edyチャージ」と「楽天キャッシュ」となる。その下にポイント対象外のサービスがあり、こちらに「モバイルSuica(楽天Pay)」の記述がある。確か、楽天ペイのモバイルSuicaで楽天カードからチャージすると200円につき1ポイント貯まったはずだが、とうとう対象外となったのかと思ったが、以前同じような記事を書いたと思って読み直してみる。

楽天ペイで楽天カードからSuicaにチャージすると0.5%の楽天ポイントを獲得できる!? Suicaチャージは楽天カードのポイント付与対象外に含まれている

Android版の楽天ペイ(アプリ決済)にSuica機能が搭載され、楽天ペイ(アプリ決済)でSuicaに楽天カードからチャージすると200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まるサービスが開始した。 し ...

続きを見る

楽天カードとしては還元対象外だが、200円につき1ポイントは楽天ペイとして付与されると言う事だ。一方、同じく200円につき1ポイント貯まる楽天Edyチャージや楽天キャッシュは楽天カードとしてポイントが付与される。同じ電子マネーチャージでも、楽天ペイとしての付与なのか、楽天カードとしての付与なのかで楽天カードとしてのポイント付与に関する表記は変わるため、非常に紛らわしい。

チャージ 付与ポイント 付与元
楽天カード ⇒ 楽天Edy 200円につき1ポイント 楽天カードとして付与
楽天カード ⇒ 楽天キャッシュ 200円につき1ポイント 楽天カードとして付与
楽天カード ⇒ 楽天ペイのSuica 200円につき1ポイント 楽天ペイとして付与

付与元を気にする必要はほとんどないが、どの支払方法がポイント付与対象外、ポイント付与が異なるかを再度確認しておいた方が良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-QRコード・バーコード, クレジットカード特集, コラム, 共通ポイント
-, , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース