楽天ポイントがビットコイン価格に連動して運用できる「ポイントビットコイン」を試してみた!

コラム 共通ポイント

楽天ポイントがビットコイン価格に連動して運用できる「ポイントビットコイン」を試してみた!

楽天ポイントでビットコインの取引体験ができるサービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」が2021年3月18日(木)より開始した。

ビットコインの取引体験ができる「 ポイントビットコインby楽天PointClub」が開始
ビットコインの取引体験ができる「ポイントビットコインby楽天PointClub」が開始

楽天は、2021年3月18日(木)より、楽天ポイントでビットコインの取引体験ができる「ポイントビットコインby楽天PointClub」の提供を開始した。 「ポイントビットコインby楽天PointClu ...

続きを見る

筆者は、通常ポイントを全て楽天証券での投資に回しているため、ほとんど通常ポイントがない。従って、しばらく試せなかったのだが、久しぶりに通常ポイントが入って、楽天証券で購入する前に思い出したので「ポイントビットコイン」を使ってみることに。

まず、「ポイントビットコイン」を検索すると楽天ウォレットのページがヒットする。この楽天ウォレットについては、楽天ポイントを実際のビットコインに交換して運用する仕組みであり、「ポイントビットコイン」とは異なるサービスだ。

どこからアクセスすれば良いのかがわからないが、「楽天PointClub」のトップページにあるバナーからアクセスするのが良いだろう。以前は、ポイント運用のバナーがあったと思うのだが、ポイント運用はポイント数の下にある「運用中のポイント」メニューからアクセスできるようだ。

ポイントビットコインへのアクセスとポイント運用へのアクセス方法

ポイントビットコインへのアクセスとポイント運用へのアクセス方法

ポイントビットコインのページにアクセスすると、新規の場合は初心者向けのナビゲーションが表示されるため、「はじめ方を見てみる」をクリックする。最初は運用中ポイントが「0」になっているはずだ。運用する場合は「追加する」をクリックする。

ポイントビットコインの運用中画面

ポイントビットコインの運用中画面

追加するポイント数を指定。今回は100ポイントを運用してみることにした。確認画面では「うち差し引かれるポイント(目安):4ポイント」とある。

ポイントビットコインで楽天ポイントを追加する画面

ポイントビットコインで楽天ポイントを追加する画面

差し引かれるポイントの説明を見ると、「追加時は、楽天ウォレットが提示するビットコインの取引価格を考慮したポイント数が差し引かれて運用中のポイントに追加されます」とある。手数料かと考えたが、利用規約を見る限り手数料は発生しないとのこと。

この4ポイントは、ビットコインの売値の買値が異なるためとなる。以下の場合、売値は6,484,177円、買値は6,777,602円となり、売値と買値では4.53%程度異なる。

楽天ウォレットでのビットコインの売値と買値

楽天ウォレットでのビットコインの売値と買値

差し引かれるポイントの4ポイントはこの差の4.53%と思われる。「追加する」ボタンをクリックすると「運用中ポイント」が95ポイントとなった。

ポイントビットコインに100ポイント追加

ポイントビットコインに100ポイント追加

「引き出す」をタップすると、「運用中ポイント」の値をそのまま取り出すことが可能だ。

正直、ビットコインの売値と買値のスプレッドが大きいため、ビットコインが5%以上値上がりすると考えなければ楽天ポイントでの疑似ビットコイン運用(ポイントビットコイン)はやめた方が良いだろう。

ポイントビットコインは定期的に購入しようと思っていたが、ポイントビットコインとして100ポイント使った後に、自動的に楽天証券でポイント投資として利用されたため、しばらくポイントビットコインを追加する事はなさそうだ。

ポイントビットコインで利用する前に楽天証券で利用された

ポイントビットコインで利用する前に楽天証券で利用された

個人的には投資信託に連動する「ポイント運用」の方が安全に楽天ポイントを増やすことができると感じた。

楽天スーパーポイントを運用する「ポイント運用 by 楽天PointClub」サービスで運用してみた

目次1 ポイント運用とポイントでの投信購入の違いは?2 ポイント運用 by 楽天PointClubで運用してみる3 ポイント運用 by 楽天PointClubで運用する意味はある? ポイント運用とポイ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース