You Are Here: Home » 電子マネー » JR東日本、GarminのウェアラブルデバイスでSuicaの利用を開始

JR東日本、GarminのウェアラブルデバイスでSuicaの利用を開始

JR東日本、GarminのウェアラブルデバイスでSuicaの利用を開始

JR東日本は、2020年5月21日(木)より、交通系ICカード「Suica」をGarminのウェアラブルデバイスで発行したりチャージしたりできるサービスを開始した。

スマートフォンとGarminのウェアラブルデバイスを同期し、Garmin Connect Mobileアプリケーションを操作することで、ウェアラブルデバイスでSuicaの発行やGoogle Payによるチャージなどが利用できるようになる。

なお、対応するGarmin端末はApproach S62 シリーズ、fenix 6X シリーズ、fenix 6X Pro Dual Power シリーズ、fenix 6S シリーズ、fenix 6 シリーズ、Legacy シリーズ、Venu シリーズ、vivoactive 4/4S シリーズ、vivomove 3/3S シリーズ、vivomove Style/Luxe シリーズとなり、ソフトウェア更新が必要だ。今後発表される端末はSuica対応となるが、それ以外の端末は今後もSuica非対応となる。

なお、Garminで発行したSuicaでは、銀行チャージ、再発行、機種変更による残高引継ぎ、定期券の購入、Suicaグリーン券の購入、ネット決済、JRE POINTによるチャージ、エクスプレス予約の利用ができない。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7998

© 2013 ポイ探

Scroll to top