クレジットカード

エポスカード、EPARKとの提携クレジットカード「EPARKエポスカード」を発行

エポスカードは、2020年5月21日(木)より、EPARKとの提携クレジットカード「EPARKエポスカード」の発行を開始した。

EPARKは、順番待ち受付・時間指定予約サービスとなり、飲食店や携帯ショップ、歯科、医院、薬局などの施設で導入されている。2019年11月には、マルイファミリー溝口にオープンしたフードホール「HARA8(はらっぱ)」に、座席で注文・決済できる「EPARK」のモバイルオーダーを導入した。

新たに、2020年5月21日(木)よりEPARKエポスカードを発行する。EPARKエポスカードは入会金・年会費が無料で、通常のエポスカードの優待サービスを利用することが可能だ。国際ブランドはVisaのみとなり、EPARKエポスカードの利用で貯まるポイントはエポスポイントとなる。なお、EPARK利用時は、サービス内の「エポスかんたん決済」でポイントが3倍だ。

また、EPARKとエポスカードの会員ID連携を行うと、毎月のエポスカード利用額の0.5%分の「EPARKポイント」を獲得できる。

飲食店やテーマパークなど、全国約1万の優待施設での割引やモンテローザ、ノジマ、アパホテルなどでのポイントアップなどの特典も利用できる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース