コラム プリペイドカード

新Kyash Cardが到着! 従来のKyash Card LiteやKyash Card Virtualとの違いとは?

Kyash Cardとは?

アプリで申し込むとすぐに利用する事ができるVisaブランドのプリペイドカードがKyashだ。アプリのみで利用するのが「Kyash Card Virtual」となる。Apple PayやGoogle Payに登録する事でQUICPay加盟店では実店舗でも利用する事ができる。コンビニやドラッグストアなどで利用する事ができるが、やはり実店舗で利用するにはプラスチックカードが必要だろう。

プラスチックカードは別途申込が必要だ。Kyash CardとKyash Card Liteの2種類あり、前者は発行手数料が900円、後者は発行手数料が300円必要だ。また、それぞれで還元率も異なり、Kyash Cardで支払った場合は1.0%のKyashポイントを獲得でき、Kyash Card Liteの場合は2020年5月1日(金)以降は0.5%、それ以前は1.0%の還元率となる。Kyash Card Virtualの場合は0.5%還元だ。

Kyashの優れているところは、クレジットカードを登録できるところとなる。クレジットカードを登録している場合は、Kyash残高が150円で500円を決済した場合、差額の350円が登録されているクレジットカードから支払われることになる。この際、クレジットカードのポイントが貯まる場合もある。例えば楽天カードのVisaやMastercardを登録している場合は、350円に対して1%の楽天ポイントを獲得できる。

Kyash Card vs Kyash Card Lite vs Kyash Card Virtual

新たなKyash Cardは新規発行手数料として900円必要だ。プリペイドカードで900円というのは非常に高いだろう。

Kyash CardとKyash Card Lite、Kyash Card Virtualの違いは還元率となる。0.5%の違いが出てくるため、Kyash CardとKyash Card Liteの分岐点は12万円以上の利用があるかどうかだ。また、Kyash CardとKyash Card Virtualの分岐点は18万円となる。

Kyash CardとKyash Card Lite、Kyash Card Virtualでのおトク額比較

Kasy Cardの発効手数料である900円が更新時にも必要かどうかは不明だが、5年間(カード有効期限)で18万円以上の利用がある場合、つまり、年間36,000円以上Kyash Cardを使うのであれば、Kyash Cardに切り替えた方がおトクと言う事だ。

Kyash Cardの有効化

Kyash Cardは簡易書留郵便で届いた。カードはアプリ内で有効化する必要があり、台紙のQRコードを読み取る事で有効化できる。

Kyash Cardの有効化のためにセキュリティコードを入力

新しいカード番号に切り替わる事が表示されるため「有効化する」をタップ。

Kyash Cardの有効化が完了

カードの有効化が完了し、Kyash Cardを利用できる状態になった。

新しいKyash CardはICチップ+Visaのタッチ決済+カード番号背面

900円となったKyash Cardに追加されたのがICチップとVisaのタッチ決済機能となる。コンビニなどでは暗証番号は基本的に不要だが、多くの加盟店では暗証番号での取引が必要となる。クレジットカードのように4桁のPIN番号を入力して決済する。

また、Visaのタッチ決済が搭載されているため、ローソンやマクドナルド、新しくコカ・コーラ自販機などでもカードをかざすだけで支払う事ができるようになった。

発行手数料900円のKyash Cardはカード番号や有効期限、名前が裏面に移動している

最近流行のカード番号や有効期限が裏面に移動しているのもKyash Cardのみとなる。また、本人名義のカードとなり、Kyash Card VirtualとKyash Card Liteは「KYASH MEMBER」名義の違いもある。

色もネイビー、シルバー、ピンクの3色から選択することが可能だ。筆者が選んだのはネイビーだが、一番人気のためか2020年4月13日(月)時点ではネイビーを申し込んでも発送が6月上旬となるようだ。

また、オンライン決済、海外実店舗決済をアプリのON・OFFで切り替えることができ、デフォルトで全てOFFにしておき、利用する際にONにして決済すると言う使い方もできる。1ヵ月の利用限度額や1日の利用限度額も簡単に設定することができるため、使いすぎの心配がある場合などでも便利に利用できるだろう。

Kyash Cardのデメリットは?

まず、全ての店舗で利用できるわけではなく、利用できない店舗もある。Kyash Cardはガソリンスタンドやホテルなどでは利用できない。

また、本人認証サービス(3Dセキュア)には対応していないため、オンライン決済で利用できない場合もある。

一番の注意点はKyashポイントの上限だろう。Kyash Cardは1回あたりの決済上限は30万円、1ヵ月当たりの決済上限は100万円とクレジットカードのように利用できるが、ポイントの還元上限は12万円分の支払いまで。つまり30万円利用しても18万円分にはポイントがつかないことになる。

Kyashポイントの注意点はwebにも記載あり

Kyashの「カード設定」で12万円を超えないような設定にしておくのが安心だ。

Kyash Cardの上限を1回12万円、月12万円に設定

上記のように1回あたり12万円、月12万円と設定しておくと、1%のKyashポイントを獲得できる状態となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース