新型コロナウイルスの影響? クレジットカード発行枚数が過去最高に クレジットカードの利用額が減少・利用件数は増加

クレジットカード特集 コラム

新型コロナウイルスの影響? クレジットカード発行枚数が過去最高に クレジットカードの利用額が減少・利用件数は増加

2021年1月7日

日本クレジット協会が発表した、2020年3月末のクレジットカード発行枚数は2億9,296万枚と前年比で3.2%増加した。2019年3月末は2%、2018年3月末は2.3%と過去5年間では一番伸び率が高かった。

総数 前年比
2016年3月 26,600万枚 2.7%
2017年3月 27,201万枚 2.3%
2018年3月 27,827万枚 2.3%
2019年3月 28,394万枚 2.0%
2020年3月 29,296万枚 3.2%

毎年4月~翌3月末までの1年間でカウントされているため、2019年4月~2020年3月末で大きく影響したのがキャッシュレス・消費者還元事業だろう。

2014年~2020年までのクレジットカード発行枚数

2014年~2020年までのクレジットカード発行枚数(日本クレジット協会のデータより)

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月~2020年6月末まで、中小店舗でキャッシュレス決済を利用すると5%還元、フランチャイズ店で利用すると2%還元となるキャンペーンだ。消費増税のタイミングで消費が落ち込むのを防ぐために5%や2%還元を実施。この影響で、新たにクレジットカードを作成する人が多くなったのではないだろうか。

また、2018年10月~2020年10月までのカード利用額および利用件数をグラフにしたのが以下となる。

2年間でのショッピング利用額・ショッピング件数の推移

2年間でのショッピング利用額・ショッピング件数の推移(日本クレジット協会のデータより)

2019年9月と10月で見ると、10月は9月よりも利用額は減っているが利用件数が増えている事がわかる。9月と10月で変わったのが消費増税だ。消費増税のタイミングで決済金額は減ったが、キャッシュレス・消費者還元事業でカードの利用が増えたのだろう。

なお、2019年12月をピークに2020年4月まで決済額が下がっているのは新型コロナウイルスの影響と思われる。2020年5月以降利用額については持ち直してきているが2019年12月のピークまでは戻していない。しかし、利用件数については利用額の2019年12月のピーク以上に利用されている事がわかる。

信用供与額(百万円) 契約件数
2019年6月 5,056,012 917,458,328
2019年7月 5,221,057 941,509,538
2019年8月 5,209,022 978,929,671
2019年9月 5,613,290 973,986,392
2019年10月 5,225,314 1,009,793,820
2019年11月 5,525,448 1,046,766,184
2019年12月 6,157,495 1,094,336,536
2020年1月 5,778,797 1,082,130,025
2020年2月 5,186,136 1,025,860,345
2020年3月 5,214,030 1,050,150,630
2020年4月 4,388,421 957,973,397
2020年5月 4,440,907 950,462,707
2020年6月 5,191,020 1,036,945,899
2020年7月 5,235,137 1,065,576,032
2020年8月 5,247,625 1,090,190,050
2020年9月 5,225,588 1,063,205,868
2020年10月 5,533,306 1,098,718,097

利用件数に関しては、キャッシュレス・消費者還元事業によってキャッシュレスをそのまま使い続けている点と、新型コロナウイルスの影響で現金を使いたくないと言う点が影響しているのではないか。

新型コロナで一変 2020年のクレジットカード振り返り 2021年の展望
新型コロナで一変 2020年のクレジットカード振り返り 2021年の展望

目次1 プレミアム系カードの特典見直し - 海外特典から国内特典へ2 ポイント還元⇒付帯特典から付帯特典⇒ポイント還元に3 クレジットカードの非接触決済が加速4 券面からカード番号が消える 2020年 ...

続きを見る

筆者は日本国内でキャッシュレス化を進めるには「現金で困る社会を作ること」と書いたことがあるが、新型コロナウイルスによって現金を使わない社会になりつつある。

日本ではキャッシュレス決済は大幅に広まらない?! 若い人の方がキャッシュレス社会を望んでいないと言う結果も

目次1 クレジットカードの歴史は長い2 他国にはキャッシュレス化の理由がある3 キャッシュレス化の大義名分がない4 現金で困ることがない5 若い人の方がキャッシュレス社会を望まない6 キャッシュレスの ...

続きを見る

日本でキャッシュレス化は進まないと考えてきたが、新型コロナウイルスによりキャッシュレス化が進んでいくかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-,

© 2021 ポイ探ニュース