You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 三井住友カードでWEB明細を登録すると200円分のAmazonギフト券がもらえる! 紙の明細は有料化になるので注意!

三井住友カードでWEB明細を登録すると200円分のAmazonギフト券がもらえる! 紙の明細は有料化になるので注意!

三井住友カードでWEB明細を登録すると200円分のAmazonギフト券がもらえる! 紙の明細は有料化になるので注意!

三井住友カードの紙明細は有料化に

先日、三井住友銀行の三井住友カードVISA(SMBC)を申し込んだ。20%還元などのキャンペーンを実施しているためだ。既に三井住友カードを保有していたとしても、三井住友銀行の三井住友カードVISA(SMBC)の場合はキャンペーン対象となるため申し込むことにした。

20%還元だけを狙って申し込んだが、1/50の確率で最大10万円までタダになる「タダちゃん!」も当選。5,000円相当が無料となった。

これだけでも十分おトクなのだが、『☆プレゼントご送付のお知らせ☆「WEB明細はじめトク」キャンペーン』と言う件名のメールが到着。

☆プレゼントご送付のお知らせ☆「WEB明細はじめトク」キャンペーンのメール

内容を確認すると、2019年10月15日(火)~2020年3月31日(火)までのキャンペーンとなる。

第1弾は2019年10月15日(火)~11月30日(土)まで、第2弾が2019年12月1日(日)~2020年1月31日(金)まで、第3弾が2020年2月1日(土)~3月31日(火)まで。第1弾は500円分、第2弾は300円分、第3弾は200円分と徐々に少額になっていくが、まだキャンペーン中だ。

期間 プレゼント対象額
2019年10月15日(火)~2019年11月30日(土) 500円分
2019年12月1日(日)~2020年1月31日(金) 300円分
2020年2月1日(土)~2020年3月31日(火) 200円分

キャンペーンを実施している理由は、2020年9月26日(土)より、三井住友カードの紙明細が有料化されるためだろう。9月26日(土)以降は、1通当たり90円(税抜)の手数料が発生する。ただし、法人カードやプラチナカード、ゴールドカード(Amazon Mastercardゴールド、プライムゴールドカード、ヤングゴールドカードを除く)は無料だ。

さて、筆者は条件に当てはまったようだが、条件を確認してみると以下のように書かれている。

2019年10月3日(木)以前に入会かつ、2019年10月3日(木)時点で「カードご利用代金WEB明細書サービス」の登録がない方

筆者は2019年10月3日(木)以前に入会しており、ずっとweb明細に登録してきた。三井住友カードVISA(SMBC)は、2020年に入ってから申し込んだため、こちらが対象になったわけではないはずだ。

なぜキャンペーン対象になったのかがわからないため三井住友カードに確認したところ、2枚保有している三井住友銀聯プラチナカードの1枚がweb明細になっておらず、三井住友カードVISA(SMBC)を申し込んだ時に、一気にweb明細にしたためのようだった。

200円分のギフトコードをもらう方法は?

送られてきたURLをタップする。「プレゼントを受け取る」ボタンをタップ。「サーティワン アイスクリーム ギフト券」または「Amazonギフト券」を選択できる。今回はAmazonギフト券を選択し、「商品を選択する」ボタンをタップ。確認画面が表示されるため「選択する」をタップ。

「WEB明細はじめトク」キャンペーンではサーティワン アイスクリームギフト券かAmazonギフト券を選べる

交換が完了するとAmazonギフト券の「コードを表示する」をタップする。Amazonギフト券番号が表示されるためコピー。

「WEB明細はじめトク」キャンペーンでAmazonギフト券に交換

Amazonサイトでアカウントサービスから「ギフト券を登録する」にコピーしたコードをペーストし「アカウントに登録する」をタップ。これで200円分のAmazonギフト券を登録できた。

「WEB明細はじめトク」キャンペーンで獲得した200円分のAmazonギフト券

三井住友カードのカードを複数持っている場合などは、web明細になっていない可能性もあるため、それぞれweb明細の申し込みをした方が良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1051

© 2013 ポイ探

Scroll to top