クレジットカード特集 コラム

複数枚のクレジットカードやポイントカードを1枚のカードに集約できる「bpayカード」を使ってみる

Coin、Plastc ? 1枚のカードにクレジットカードやポイントカードを集約できる夢のようなカードが発行されるはずだった。しかし、どれも資金調達後、製品化までされずに、購入者にカードが届くことは無かった。

クレジットカード、デビットカード、ポイントカードを1枚にまとめられる「Coin」

米Coinは、クレジットカードやポイントカード、デビットカードを1枚のデバイスにまとめて利用できるサービスを発表した。「Coin」は、クレジットカードなどのカード情報を8枚まで登録できる。本体のサイズ ...

続きを見る

この、1枚のカードに複数のカードを入れられるカードが届いた。韓国のBrilliantTSが発行するbpayカード(ECARD)だ。送料込みで152.9米ドル。普通に考えると高いが、CoinやPlastcは製品すら届かなかった事を考えると、安く感じてしまう。

開封してみる。

bpayカード本体とマニュアル。カードリーダー、USBケーブルと充電器となる。カードリーダーはイヤホンジャックに挿すためAndroid用となるが、購入時にiPhone用も選択可能となっている。

USBケーブルと充電器を接続し、カードを挿入すると、USBでの充電が可能だ。

bpayカードにクレジットカード情報を移してみる

実際にカード情報をbpayカードに移してみる。[highlight txtcolor="#ff0000"]クレジットカードの情報をbpayカードに移すということは、自分のカードを自分でスキミングするということだ。[/highlight]

従って、実際にカード情報をbpayカードに移す場合は、おそらく[highlight txtcolor="#ff0000"]カード会社の規約で問題になると思われるため、自己責任で使って欲しい。[/highlight]

カード情報をbpayカードに入れるために、2回スキャンする。2回正常にスキャンできると、アプリに登録され、bpayカードにも登録される。

登録名はローマ字で10桁までとなるため、カード名全てを入れることはできない。自分が分かるような名称をつけよう。

今回はリクルートカード(Visa)を利用し、登録名は「RECRUIT」とした。

これで登録が完了だ。

bpayカードを操作する

操作方法はマニュアルを見ると分かるが、まずはPOWERボタンを押す。TAP CODE(暗証番号のようなもの)を設定している場合はTAP CODEを押す。

「TAKAHITO」と表示があるディスプレイにカード情報が表示されるため、POWERボタンを押すと、複数枚を登録している場合は前のカードを表示、HOLDボタンを押すと、次のカードが表示され、カードの切替が可能だ。HOLDボタンを長押しすると、そのカードがしばらく固定されるため、支払い時にはHOLDにしておくと良いだろう。

bpayカードで実際に支払ってみる

実際にbpayカードで支払ってみようと思ったが、ここでも気になることがある。

bpayカードは、様々なカードを登録できるため、カード面にVisaやMastercard、JCBなどの国際ブランドは表示されていない。従って、実店舗でbpayカードを出しても、決済カードとは思われないのではないだろうか。そこで、まずは無人で決済できるタイムズの駐車場で使ってみることにした。

しかし、何度やっても「このカードはご利用いただけません」との音声メッセージとなり決済できない。登録カードを変更しても同じメッセージだ。HOLDボタンを押して、カードを固定すしても支払えず、結局、通常のカードで支払うことにした。

製品が届いたbpayだが、結局使えないのかと思い、しばらく実験をやめていたが、先日マニュアルを見ていてINSIDE PAYモードがあることを発見。

INSIDE PAYとは、カードを挿入して支払う時用のモードのようだ。タイムズの駐車場はカードを挿入して決済する。従って、INSIDE PAYモードであれば正常に決済できるかもしれないと思い、早速支払ってみた。

bpayカードをアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードに設定し、POWERボタンとHOLDボタンを同時に押す。画面に「INSIDE PAY」と表示されている状態となっていることを確認し、タイムズ駐車場で支払った所、今回は正常に支払いが完了した。

領収書を見てみると、会員番号に3761から始まる番号が印字されており、アメックスで支払えていることがわかる。

タイムズの領収書にある会員番号は16桁の表示となるため、アメックスの15桁の番号に最後に0がついている。そのため、040となっているが、カード番号も同じになっていることを確認できるだろう。


もう一度書くが、[highlight txtcolor="#ff0000"]bpayカードは自分で自分のカードをスキミングする必要がある。この行為自体もカード会社の規約違反になる可能性もあり、さらに、bpayカードで決済する事も規約違反になる可能性は高い。[/highlight]

もし、[highlight txtcolor="#ff0000"]bpayカードを購入する場合は、自己責任で使って欲しい。[/highlight]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース