You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » プラスチック製のクレジットカードにあって金属製のクレジットカードにないものとは?

プラスチック製のクレジットカードにあって金属製のクレジットカードにないものとは?

プラスチック製のクレジットカードにあって金属製のクレジットカードにないものとは?

金属製のクレジットカードであるラグジュアリーカードが誕生したり、アメックスのプラチナ・カードが金属製になったり、金属製のクレジットカードも増えてきた。

現在国内で発行されている金属製のクレジットカードとしてはアメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カード、プラチナ・カード、ビジネス・プラチナ・カードとラグジュアリーカードの各種となる。

以前のプラスチックカードにはあって、金属製のカードにはないものがある。プラスチックカードには紫外線を当てると反応があるのだが、これは偽造防止のために施されたモノだ。

まずは、プラチナ・カードのプラスチック版となるセカンド・プラチナ・カードに紫外線を当ててみる。「AMEX」の文字が大きく浮かび上がる。

一方、金属のビジネス・プラチナ・カードに紫外線を当てても何も反応がない。

同様に、MastercardのTRUST CLUB ワールドエリートカードに紫外線を当てると少し確認が難しいが「MC」が浮かび上がる。

金属製のMastercardであるラグジュアリーカードに紫外線を当てても全く反応がない。

金属製のクレジットカードの場合は加工が難しいのだろう。そもそも、金属製のクレジットカード自体、偽造されにくいために必要ないのかもしれない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1002

© 2013 ポイ探

Scroll to top