You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » クレジットカードにブラックライト(紫外線)をあてたらどうなるの?

クレジットカードにブラックライト(紫外線)をあてたらどうなるの?

クレジットカードにはホログラムなど付いているのは知っている方も多いだろう。今回は、クレジットカードにブラックライト(紫外線)をあてたらどうなるのかを実験してみた。

銀聯、ダイナースクラブ、Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCBの6つの国際ブランドのクレジットカードを用意する。

この状態で電気を消してからブラックライト(紫外線)をあてるとどうなるだろうか? まずは動画を確認して欲しい。

もう一度、ブラックライトをあてない時とあてたときの比較画像を載せておこう。

わかりやすいのは銀聯、アメリカン・エキスプレスだろう。カードの真中に「銀聯」「AM(センチュリオンロゴ)EX」と浮き上がる。Amercian Expressは、プロパー以外のセゾンアメックスやMUFGアメックスも同じとなる。

ダイナースクラブの場合は、カードの真中にロゴが浮き上がっているのがわかるだろう。

Visaの場合は、わかりにくいがVisaロゴに注目して欲しい。VISAに薄っすらと大きい「V」字が浮き上がる。

Mastercardも若干わかりにくいが、カード左下側に「M」、カード中央下に「C」が浮き上がる。”M”aster”C”ardの「M C」だろう。

JCBも気が付かないかもしれないが、通常のロゴが右側にあり、左側に「JCB」のロゴがもう一つ浮き上がってくる。こちらも、プロパーだけでなく、Yahoo! JAPANカード(JCB)や漢方スタイルクラブカード(JCB)などでも同じ場所に表示される。

この、ブラックライト(紫外線)をあてると反応があることについては、Visaの加盟店向けサイトに書かれている。

  • UVエレメント? Visaブランドマークの付いたすべてのカードに必要なセキュリティ関連マークです。このマークは紫外線の光の下でしか見えません。

これは偽造カード防止のために施されているものとなる。

確認した所、クレジットカードだけでなくデビットカード、プリペイドカードでも同じ結果となった。

唯一ブラックライトをあてても変化がなかったカードが金属製のラグジュアリーカードだが、そもそも加工が難しいから偽造の確認が必要ないのかもしれない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 964

© 2013 ポイ探

Scroll to top