You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » JRE CARDで貯まるJRE POINTって何? SuicaでもJRE POINTカードもビューカードでも貯まる!

JRE CARDで貯まるJRE POINTって何? SuicaでもJRE POINTカードもビューカードでも貯まる!

JRE CARDで貯まるJRE POINTって何? SuicaでもJRE POINTカードもビューカードでも貯まる!

2018年7月2日(月)より、JRE CARDの申込が開始した。年会費は初年度無料、2年目以降は477円(税抜)となる。アトレ恵比寿、水戸エクセル、エスパル仙台、エスパル福島・郡山・山形、盛岡フェザンでは、店頭発行が可能だが、それ以外ではネットでの申込も可能だ。筆者も早速申し込んだ。

まず、JRE CARDを紹介する前に、JRE POINTを詳しく紹介した方が良いだろう。

JRE POINTとは2016年2月23日(火)から開始した、JR東日本グループの共通ポイントとなる。アトレ、アトレヴィ、ボックスヒル、グランデュオなどの駅ビルポイントカードがJRE POINTカードに切り替わった。駅ビルのポイントカードが1つになりわかりやすくなった。

2017年12月5日(火)にSuicaポイントクラブのSuicaポイントクラブのSuicaポイントが統合。Suicaポイントクラブに登録済みのSuicaで、Suicaポイント加盟店で決済するとSuicaポイントが貯まっていたが、このSuicaポイントがJRE POINTに切り替わったのだ。

おそらく、ここがJRE POINTの説明をするときに一番難しい所となる。従来はSuicaポイントという名称だったため、Suicaポイントクラブの説明をすれば良かったのだが、現在は、JRE POINTが貯まるようになっているため、駅ビルのJRE POINTカードの加盟店と旧Suicaポイントクラブの加盟店がわかりにくくなっている。

例えば、アトレでJRE POINTカードを出してSuica決済した場合、JRE POINTカードとして、100円(税抜)につき1 JRE POINTを獲得することはできる。しかし、Suica決済したときのJRE POINTは獲得できない。

また、NewDaysやKIOSK、エキュートなどでは、JRE POINT(旧Suicaポイントクラブ)に登録済みのSuicaで支払うと200円(税込)につき1 JRE POINTが貯まる。これらの加盟店ではJRE POINTカードを提示してもJRE POINTは貯まらない。

つまり、同じJRE POINTが貯まるのだが、JRE POINTカードを提示して貯まったのか、Suicaで決済したときに貯まったのかがわかりにくいのだ。

意識しなければ、JRE POINTカードの提示を忘れることもあるので、JRE POINTのマークを良く理解しておこう。

左の緑のロゴがJRE POINTカードを提示すると貯まる加盟店だ。右の黄色のロゴがJRE POINTのサイトにSuica番号を登録したSuicaで決済すると貯まる加盟店となる。

2018年6月28日(木)に統合されたのがビューカードの利用で貯まるビューサンクスポイントだ。カード決済1,000円(税込)につき2ポイントが貯まっており、1ポイント=2.5円相当のポイントプログラムだった。これがJRE POINTに統合され、1ビューサンクスポイント=2.5 JRE POINTとして統合された。つまり、ビューカードで決済すると1,000円(税込)につき5 JRE POINTを獲得できるようになっている。

ビューカードの特徴は、JR東日本グループで利用するとポイントが3倍となる。例えば、Suicaチャージした場合、1,000円(税込)につき15 JRE POINTを獲得できると言うわけだ。

従って、Suicaのチャージ時に1,000円(税込)につき15 JRE POINT、KIOSKでSuica決済すると200円(税込)につき1 JRE POINTと2.0%のJRE POINTを獲得できる。これも、チャージで貯まるJRE POINTなのか、Suica決済で貯まるJRE POINTなのかを理解しなければならない。

さて、2018年7月2日(月)に新たに発行されたのがJRE CARDだ。ここで重要になるのが「JRE CARD優待店」となる。JRE CARD優待店の場合、JRE POINTカード提示で貯まるポイントが100円(税抜)につき3 JRE POINTとなる。ただし、通常のJRE POINTカードやビューカードではJRE CARDの優待を受けることはできない。

例えば、JRE CARDでアトレで20,000円(税抜)を利用した場合を考えよう。JRE CARDの場合は3%分の600 JRE POINTがその場で貯まる。これは、JRE POINTカード提示のポイントの3倍分となる。続いて、105 JRE POINTが貯まる。これは21,600円(税込)をJRE CARDのクレジット決済した場合のポイントだ。

「ビュー・スイカ」カードなどのビューカードでアトレで決済した場合、「JRE CARD」ではないため、提示で貯まるのは100円(税抜)につき1 JRE POINTの200ポイントに加え、決済時の105 JRE POINTと言うわけだ。

従って、アトレ等の駅ビルや2018年3月23日(金)に開始したペンギングッズなどが販売されているJRE MALLでおトクなカードとしては新しく発行されたJRE CARDと言う事になる。

JRE POINT対象の駅ビル内であれば、本や雑誌、薬などでも3.5%のJRE POINTを獲得することができるのが魅力だろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 934

© 2013 ポイ探

Scroll to top