クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

プライオリティ・パスのデジタル会員証はWALLETアプリに追加できる!

今まで、プライオリティ・パスのアプリはAndroid端末にインストールしていた。しかし、ラウンジ・キーのアプリと同時にプライオリティ・パスのアプリをiPhoneにインストールし、ログインしたところ、デジタル会員証の下に「Add to Apple Wallet」と表示があった。

タップしてみたところ「Would you like to add your Priority Pass to your Apple Wallet?」とあり、WALLETアプリに追加することができるようだ。「Continue」をタップすると、デジタル会員証が再度表示されるため、上部の「追加」をタップする。

これで、WALLETアプリに追加された。WALLETアプリを起動すると、下の方に「Priority Pass」が表示されているはずだ。

これをタップすると会員証とQRコードが表示される。これをラウンジの受付で提示すれば利用可能となる。

ただし、プラチナカードなどの発行会社によっては、プライオリティ・パスの会員登録してもデジタル会員証が使えないものも多いので注意しよう。

Priority Pass、アプリにデジタル会員証機能を追加

国際線の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」で入室できるラウンジがアジア地域で新たに55ヵ所新設され、世界400都市、850ヵ所を超えるラウンジを利用できるようになった。また、ゴルフパッケ ...

続きを見る

また、WALLETアプリに登録したプライオリティ・パスは、おそらく有効期限が自動的に更新されない。有効期限が切れた場合は、WALLETアプリから一度削除し、再度同じ処理を行うと良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース