東急カードでSBI証券の投信積立サービスは2022年4月25日から開始予定!

クレジットカード特集 コラム

東急カードでSBI証券の投信積立サービスは2022年4月25日から開始予定! 最大4%還元キャンペーンも

東急カードでSBI証券の投資信託を購入できる投信積立サービスが2022年4月25日(月)から開始する予定だ。

SBI証券と東急カード、「クレカつみたて」サービスを開始 最大3%の東急ポイント獲得可能に
SBI証券と東急カード、「クレカつみたて」サービスを開始 最大3%の東急ポイント獲得可能に

SBI証券と東急カードは、2022年4月頃から、東急カードで投資信託が買える投信積立サービス「クレカつみたて」や資産運用に応じて東急ポイントを獲得できるサービスを開始する。 「クレカつみたて」は、入金 ...

続きを見る

発表当初は4月頃からとの案内があったが、TOKYU CARD NEWSに「クレカつみたてはじまる。」として、4月25日(月)の開始予定と表記があった。

早速中を確認すると、特にSBI証券との提携内容が書かれているわけではなく、それ以外のカードニュースとなる。

掲載されていたQRコードを読み取ってみてもニュースリリースのページにジャンプし、特に新しい内容はない。

しかし、色々調べてみると、最大3%の内訳がわかった。

加算条件 加算率
ベースポイント 全会員 0.25%
カード券種 各種ゴールドカード +0.75%
年齢 18~29歳 +0.50%
30~39歳 +0.25%
TOKYU ROYAL CLUB プラチナステージ +1.50%
クリスタルステージ +0.50%
ゴールドステージ +0.25%
シルバーステージ
東急カード・証券口座利用 東急カード年間利用額200万円以上 +0.25%
SBI証券投資信託保有残高500万円以上 +0.25%
毎月の積立額50,000円 +0.25%

上記内容を確認すると、正直3%還元となる事はほとんど無いだろう。年齢が18~29歳以下で、TOKYU ROYAL CLUBがプラチナステージ、東急カードを年間200万円以上をクリアするのは難しい。

筆者が頑張って獲得できるポイントとしては、全会員の0.25%+各種ゴールドカードの+0.75%+TOKYU ROYAL CLUBシルバーステージの+0.25%+東急カード年間利用額200万円以上+毎月の積立額50,000円の+0.25%=1.5%まで。

ただし、2022年12月まで、各種ゴールドカードは+1%、TOKYU CARD ClubQ JMBは+0.25%のキャンペーンを実施するため、ゴールドカードだけでも2%還元となる。

家族カードやコーポレートカード、ビジネスカードは対象外。また、JALカードTOKYU POINT ClubQ、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード、スーパーICカード TOKYU POINT PASMO「三菱UFJ-VISA」も対象外となるので注意したい。

なお、筆者はSBI証券+タカシマヤカード、パートナーがSBI証券+三井住友カードで投信積立サービスを開始しており、併用する事ができないため、SBI証券+東急カードの確認はできない。

タカシマヤカードでのSBI証券による積立投資で1年ちょっと経過! 運用成績を公開!
タカシマヤカードでのSBI証券による積立投資で1年ちょっと経過! 運用成績を公開!

SBI証券で三井住友カードによる投信積立ができるようになったが、SBI証券では以前からタカシマヤカードで投信積立が可能だった。 筆者もタカシマヤカードで投信積立サービスを利用しており、約1年程度経った ...

続きを見る

SBI証券で三井住友カードによる積立投資サービスを使ってみた! Vポイントも獲得可能!
SBI証券で三井住友カードによる積立投資サービスを使ってみた! Vポイントも獲得可能!

SBI証券では、2021年6月30日(水)より、三井住友カードが発行するクレジットカードで投資信託の積立サービスを開始している。早速、パートナーの口座で積立設定を行ってもらい、ポイントの獲得まで確認で ...

続きを見る

タカシマヤポイントよりもTOKYU POINTの方が率が高いため、SBI証券+東急カードに切り替えられるか確認したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース