クレジットカード特集 コラム ゴールドカード ブラックカード プラチナカード

楽天カードに求めるものは年会費を楽天スーパーポイントで支払える機能

先日、楽天ブラックカードのMastercardブランドをJCBブランドに切り替え申請を行った。切り替え時には、楽天ブラックカードの年会費がフルで必要になるとの話だったが、解約・新規になるため仕方がない。

そこで思ったのだが、楽天カードの年会費が楽天スーパーポイントで支払えれば、楽天ゴールドカード以上の利用者も増えるのではないか。

例えば、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは永久不滅ポイントで、SuMi TRUST CLUB エリートカード、SuMi TRUST CLUB ゴールドカード、SuMi TRUST CLUB プラチナカードはSuMi TRUST CLUB リワードポイントを年会費として充当することができる。

楽天カードは年会費が無料で楽天市場での還元率は標準で4%と非常に使い勝手が良いカードだ。楽天モバイル契約者であれば+1%、楽天市場アプリでの購入で+1%。楽天ブックスでの購入が1回あれば、その月はさらに+1%、5の倍数の日ではさらに+2%のサービスが追加されている。

これに加えて、楽天ゴールドカード以上であれば、さらに+1%となる。楽天ゴールドカードは年会費が2,000円(税抜)で国内線の空港ラウンジの利用が可能だ。例えば、楽天市場で毎月2万円の購入がある場合は、年間2,400楽天スーパーポイントが上乗せされるため、楽天ゴールドカードに切り替えた方がおトクとなる。

しかし、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードへの切り替えは、年会費が有料となるため、そこそこ勇気がいるだろう。もし、楽天スーパーポイントで年会費を支払えれば、切り替えのハードルも下がるのではないだろうか。

楽天モバイルの利用料金を楽天スーパーポイントで充当できるサービスや、通常ポイントのみだが、楽天スーパーポイントで楽天証券の投資信託を購入できる特典があるなか、楽天カードの年会費充当も「自動的に充当する」にチェックをつけておけば期間限定ポイントも使ってくれるサービスがあれば、有料カードへ移行しやすくなるのではないか。

筆者は元々有料カードを使っているため年会費を支払うことに抵抗はないが、一般的には年会費に対する抵抗は大きい。楽天スーパーポイントでの年会費充当ができると、楽天ブラックカードの年会費も実質無料にできるかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, ブラックカード, プラチナカード
-, , , , , , , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース