コラム テクニック プリペイドカード

LINE Pay外貨両替で100米ドル両替してみた 配送も早い!

2017年7月29日

先日、LINE Pay外貨両替が開始し、郵送での受取を選択して100米ドル両替してみた。

LINE Payの外貨両替はおトク! 今回の夏休み海外旅行は「LINE Pay外貨両替」を使おう!

目次1 対応通貨は米ドル、中国元、韓国ウォン、ユーロの4通貨2 受取場所は空港・港、自宅や勤務先3 支払い方法はLINE Pay残高からのみ4 両替方法はLINE Payから 2017年7月24日(月 ...

続きを見る

2017年7月25日(火)にLINE Payの画面から両替を行い、7月26日(水)にLINE Pay Teamから外貨を発送しましたというメッセージが到着。

日本郵政の追跡サービスで「お問い合わせ番号」を検索すると「一般書留」で郵送しているようだ。

高輪郵便局から発送され、実際に到着したのが7月28日(金)。SBJ銀行からの書留を受け取った。

内容を確認した所、さらに封筒が入っていたため開封。50ドル札1枚、10ドル札4枚、1ドル札10枚にわかれていた。

紙幣 枚数
50ドル札 1枚
10ドル札 4枚
1ドル札 10枚

1ドル札が入っているため、チップなどでも困ることはないだろう。50ドル札の代わりに20ドル札になっていると、さらに良かったと思うが、100ドル札1枚ということではなく安心した。


為替手数料のキャンペーンは9月15日(金)までだ。今年の夏休みに向けたキャンペーンとなるため、米ドル、中国元、韓国ウォン、ユーロ圏に旅行を考えている場合は、LINE Pay外貨両替キャンペーンを利用してみると良いだろう。

LINE Pay、外貨両替キャンペーンを開始 両替手数料が0円に

LINE Payは、2017年7月24日(月)から9月15日(金)までの間、外貨購入時にかかる両替手数料を無料にするキャンペーンを開始した。 LINE Payを起動し、「外貨両替」をタップするとLIN ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, テクニック, プリペイドカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース