You Are Here: Home » コラム » LINE Payの外貨両替はおトク! 今回の夏休み海外旅行は「LINE Pay外貨両替」を使おう!

LINE Payの外貨両替はおトク! 今回の夏休み海外旅行は「LINE Pay外貨両替」を使おう!

LINE Payの外貨両替はおトク! 今回の夏休み海外旅行は「LINE Pay外貨両替」を使おう!

2017年7月24日(月)からLINE Pay外貨両替のキャンペーンが開始している。夏休みに海外旅行を考えている方は検討してみてはいかがだろうか。

対応通貨は米ドル、中国元、韓国ウォン、ユーロの4通貨

両替に対応している通貨は米ドル、中国元、韓国ウォン、ユーロの4通貨のみとなる。両替レートは、2017年7月25日(火) 10:36に確認した所以下の通りだ。

通貨 通常レート キャンペーンレート Yahoo!ファイナンスでの買値 空港でのレート
米ドル 114,2600 111.2600 111.240 113.75
中国元 18.0700 16.4200 16.47 18.11
韓国ウォン 0.1029 0.0998 0.10 0.1137
ユーロ 133.4600 129.4600 129.46 133.08

キャンペーンレートを見ると、為替手数料がほとんどないことがわかる。

例えば、空港のレートを同じ時間で調べると、1,000ユーロに両替した場合133,080円必要だ。LINE Pay外貨両替の場合は、キャンペーン中で129,460円となり、3,620円の差が出てくる。高額な外貨を両替する場合はかなりのメリットだろう。

なお、1回に両替できる通貨単位は以下の通りとなる。

通貨 単位
米ドル 100米ドル、300米ドル、500米ドル
中国元 ?1,000元、2,000元、3,000元
韓国ウォン 10万ウォン、30万ウォン、50万ウォン
ユーロ 100ユーロ、300ユーロ、500ユーロ

受取場所は空港・港、自宅や勤務先

両替した通貨を受取る場所は、以下の4箇所。

  • 羽田空港両替所(国際線)
  • 羽田空港両替所(国内線)
  • 福岡空港両替所(国際線)
  • 博多港両替所(国際港)

郵送の場合は自宅・勤務先などを指定することも可能となっている。期間中、1回のみとなるが自宅や勤務先での受取も無料。通常は600円必要となる。

筆者も100米ドルを両替してみたが、11,126円のみで両替が完了している。

支払い方法はLINE Pay残高からのみ

実際に両替してみると、支払い方法はLINE Pay残高からのみとなる。

LINE Payに登録しているクレジットカードでは支払いできないので、事前にチャージしてから両替しよう。

両替方法はLINE Payから

両替はLINE Payを起動し、「外貨両替」をタップしてすすめていく。「SBJ銀行」の画面になるが、利用規約の同意をし、「お申込」ボタンをタップ。

初回の場合は姓名、生年月日、携帯電話番号、メールアドレスを入力するが、2回目以降は自動的に入力される。「次へ」ボタンを押して次に進めよう。

受取方法の選択となるが、上記の4箇所または自宅や勤務先を選択する。空港や港を指定すると、受取日を選択する必要がある。自宅や勤務先の場合は住所の入力が必要だ。

両替する通貨、金額を選択し、「次へ」ボタンをタップする。

支払い確認画面が表示されるため「お支払」をタップすると支払画面が表示される。

両替の場合は、クレジットカードの選択ができないため、LINE Pay残高からの支払いとなる。残高を確認してから、「決済を行う」ボタンをタップし、暗証番号(iPhone 7の場合はTouch IDも可)を入力すると決済が完了する。

LINE Pay Teamから両替が完了したメッセージが表示されて完了だ。

受取場所が羽田空港、福岡空港と限定されているが、1回のみは無料で郵送による両替ができる。

2017年の夏休みに米ドル、ユーロ、韓国ウォン、中国元を利用できる国に行く場合は、郵送での両替も検討してみて欲しい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 970

© 2013 ポイ探

Scroll to top