You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ベネフィット・ワンの「プレステージ・ゴールド」会員向けの「交流会」に参加してみた

ベネフィット・ワンの「プレステージ・ゴールド」会員向けの「交流会」に参加してみた

タカシマヤカード《ゴールド》で入会金無料、年会費が10%割引となるベネフィット・ワンが提供する「プレステージ・ゴールド」。

無料宿泊特典のレポートは行ったが、今回は交流会の紹介をしたい。

プレステージ・ゴールドの交流会とは?

月に1回程度プレステージ・ゴールドから送られてくるのが「プレステージ・ゴールド・サロン(交流会)」の案内だ。

毎回、様々な交流会イベントが開催され、2017年7月は「シェ松尾松濤レストラン フレンチ夏の宴」、8月は「日本酒イベント 純米燗」となる。

年会費に含まれているのが、交流会の参加チケット2枚だ。1枚につき2名の利用が可能となっており、会員以外でも利用が可能だ。

1回の交流会の参加費が1名につき約1万円となっているため、交流会参加券は約4万円相当ということになるだろう。

プレステージ・ゴールドの交流会を予約してみた

今回予約したのが「シェ松尾松濤レストラン フレンチ夏の宴」だ。郵送物を受け取ったその日に申し込んだが、既に満席と断られた。16名限定とのことだが、あまりにも早すぎる締切だ。

電話では、当日かけたのに? と聞いてみたが、人気のものはすぐに埋まってしまうとのことだ。これだけ人気であれば、2枚ある交流会参加券を利用することはできないのではないだろうか。

後日、座席を増やしたので参加できるようになったと連絡があったので、参加予約することに。当日の案内が2週間ほど前に送られてきた。送られてきたものは最初のものとほとんど変わらなかった。

交流会に参加してみた

当日は、25名程度だろうか。16名限定での募集だったが、10名程度の追加となっていたようだ。

基本は、お酒がメインとなるため、筆者のようにお酒があまり飲めない場合は、交流会の参加は難しいかもしれない。「シェ松尾松濤レストラン フレンチ夏の宴」では、apéritif、白ワイン3種類・赤ワイン2種類。「日本酒イベント 純米燗」では、日本酒の唎酒会となる。

参加者は夫婦だけでなく友達同士など様々。3つほどテーブルがあったが、会話を楽しんでいるテーブル、食事とお酒を楽しんでいるテーブルなどなど。交流会に何度も参加している方は、それぞれ挨拶をしていることもあった。

食事は前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー、焼き菓子となる。アレルギーなどは予約時に伝えることで対応してもらえる。

参加者に聞いてみた所、交流会参加券は年に2枚送られてくるが、使うタイミングが難しいとのこと。行きたいと思ったものが立て続けにあり、次も行きたいような会の場合は実費で参加することもある。一方、様子を見ていたら使いきれなかったということもあるとのこと。気になる交流会の案内が来た場合は、とりあえつず使ってみたほうが良いかもしれない。

 タカシマヤカード《ゴールド》の場合は、入会金の30万円が免除、年会費が18万円だが10%OFFで利用できる。税込価格で174,960円となり、交流会に2回参加すると4万円分。無料宿泊特典で今回は約7万円分。残っているのが無料お食事券となるが、おトクかどうかは正直微妙なところだろう。
忙しく、リフレッシュ休暇も取れていない要な場合に、定期的に宿泊や食事を楽しむということに入会するのが良いのかもしれない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 970

© 2013 ポイ探

Scroll to top