クレジットカード特集 コラム ゴールドカード 一般カード

鹿島神宮カードの5,000ポイント毎にもらえる返礼品が決定!

先日、鹿島神宮まで行って取材してきた「鹿島神宮カード」。青に白の「鹿島神宮」の文字がカッコイイ。

鹿島神宮カード 実際に鹿島神宮の神職による御神木の案内や宝物館を見てきた

目次1 鹿島神宮はどこにある?2 非公開の「御神木」の案内3 宝物館への無料入場4 鹿島神宮カードの毎年の返礼品は? ポイント寄付の返礼品と同じ?5 鹿島神宮カードはどこで申し込める? 2016年12 ...

続きを見る

以前紹介したときには、カード保有者向けの返礼品については決まっていない状態であったが、この返礼品が決定したようなので紹介したい。

返礼品は2種類ある

まず、鹿島神宮カードの返礼品は2つある。

1つ目が5,000ポイント獲得毎に贈られるもの。2つ目が1年毎のカード更新時に贈られるものだ。

今回決定したのは、前者の5,000ポイント獲得毎に贈られる品物となる。

5,000ポイント毎に贈られるのは銘々皿!

5,000ポイント毎に贈られる品物は銘々皿 3枚となる。鹿島神宮の境内にある杉から作られ、鹿島神宮の"気"が詰まった非売品の貴重アイテムだ。

返礼品の銘々皿は、もったいないと思わないで使ったほうが良いだろう。5,000ポイント毎に獲得できるため、10,000ポイント貯めれば、さらに3枚の銘々皿を獲得できる。

増えれば増えるだけご利益がありそうだ。


JCBザ・クラスの東京ディズニーリゾート内のJCBラウンジや、セディナプラチナカードのサンリオピューロランド内のVIPルームの利用など、お金では買えない特典のあるカードは価値がある。

鹿島神宮カードも、お金では買えない価値のあるカードの1つだ。還元率競争が終りを迎えた今、このような特典のあるカードを持ってみるのも良いのではないだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, 一般カード
-,

© 2021 ポイ探ニュース