クレジットカード特集 コラム プラチナカード

いよてつ高島屋の「プラチナローズカードJCB」が凄い! 東京都在住でも申込可能!

先日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のザ・フライング・ダイナソーにあるJCBラウンジを利用できるクレジットカードを調べていた。

JCBのプラチナカードであれば利用可能となり、JAL・JCBカード プラチナやセディナプラチナカード(JCB)、楽天ブラックカード(JCB)、ANA JCBカード プレミアムでもJCBラウンジを利用することが可能だ。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のザ・フライング・ダイナソーにあるJCBラウンジとは? 待ち時間なしで搭乗できる!

目次1 ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジはどこにある?2 ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジの設備は?3 ザ・フライング・ダイナソーに待ち時間なしで乗れる「優先搭乗サービス」とは?4 ...

続きを見る

その中でもかなりレアなカードが「いよてつ高島屋 プラチナローズカードJCB」となる。

いよてつ高島屋 プラチナローズカードJCBとは?

年会費は25,000円(税抜)、家族会員は1人当たり3,000円(税抜)。

いよてつ高島屋でのショッピングで利用すると、買い物で7%優待を受けられる。また、いよてつ高島屋本店の商品が優待価格で購入できる特別優待会に参加可能だ。伊予鉄市駅西駐車場が4時間無料となり、伊予鉄道ICい?カードのオートチャージ設定も可能。

愛媛県松山市にある「いよてつ高島屋」のカードとなると、地元の人以外は関係ないようにも思える。また、「いよてつカードサービス」のサイトを見てもらうとわかるが、オンライン申し込みサービスはない。

しかし、いよてつカードサービスに確認した所、「プラチナローズカードJCB」は特に地元限定で発行しているものではなく、筆者が申込書を取り寄せた所、送ってもらうこともできた。

いよてつ高島屋 プラチナローズカードJCBの特典は?

プラチナローズカードJCBはJCBのプラチナカードとなるため、コンシェルジュデスクも、JCBのプラチナ・コンシェルジュデスクを利用可能だ。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードとザ・クラスのコンシェルジュ比較

先日、急遽ホテルに泊まろうと家族で決め、子どもの要望で「電車が見えるホテル」を探すことになった。せっかくなので、コンシェルジュサービスを利用し、提案を比較することにしてみた。 宿泊日前日の16時頃にア ...

続きを見る

また、プライオリティ・パス、JCBプレミアムステイプラン、手荷物無料宅配券(片道)の利用ができるなど、プラチナカードとしての特典も申し分ない。

プラチナカードやブラックカードのホテル・旅館特典っておトクなの? JCBプレミアムステイプランで予約してみた

プラチナカードやブラックカードにはホテルや旅館特典が付いている。例えば、JCBザ・クラスの場合、「JCBプレミアムステイプラン」というホテル・旅館の優待特典が利用可能だ。 JCBプレミアムステイプラン ...

続きを見る

ポイントサービスは、送ってもらった資料に1,000円(税抜)につき「わくわくポイント」が1ポイント貯まると記述があるが、おそらく1,000円(税込)につき1ポイントだろう。

わくわくポイントプログラムの利用規約を見ても、第3条に「1,000円(税込)につき1ポイントを…」という記述が見られる。

1ポイントは5円相当となるため、還元率は0.5%だ。ポイントの有効期限は獲得月から2年間。なお、いよてつ高島屋での利用時には、7%割引特典があるためにポイントの付与はない。

年間利用金額毎にボーナスポイントもあり、ステージに応じて変わり、最大30%加算となるため、最大還元率は0.65%だ。

ステージ 2月16日?翌2月15日までの利用分 ボーナスポイント 還元率
S3 200万円以上 +30% 0.65%
S2 100万円以上、200万円未満 +20% 0.60%
S1 50万円以上、100万円未満 +10% 0.55%
なし 50万円未満 0.50%


プラチナローズカードJCBのポイントプログラムはそれほど魅力的ではないが、JCBプラチナカードとして25,000円(税抜)で利用できるのは、おトク度は高い。

さらに、インビテーション不要で全国各地から申込可能。USJに行くときには、ザ・フライング・ダイナソーの優先アトラクション利用も可能など、色々と使い道があるカードだ。JCBのプラチナカードを持っていない場合は、申し込んでみるのも良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プラチナカード
-, , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース