You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ドコモポイント(dポイント)のステージはこう変わる ゴールドステージ以外は一律1,000円につき10ポイントに DCMX契約が最得?

ドコモポイント(dポイント)のステージはこう変わる ゴールドステージ以外は一律1,000円につき10ポイントに DCMX契約が最得?

ドコモは、2015年12月1日(火)からドコモプレミアクラブをdポイントクラブに移行する。ドコモは一般加盟店でも利用可能なdポイントカードを同日より募集を開始するため、ドコモ回線の利用者以外でもdポイントクラブの会員になることが可能となる。

現在、ドコモプレミアクラブは継続年数またはDCMX GOLDの契約に応じて、6段階のステージ制を導入しているが、dポイントクラブでは継続年数の他、6ヶ月間のdポイント獲得数やdカード(旧DCMX)の契約に応じてステージが変更となる。

dポイントクラブでは自分のステージはどこになる?

では、自分がどのステージに位置するかを確認してみよう。画像のため見えにくいが、まず判定としてはDCMX GOLDまたはdカード GOLDの利用者の場合は自動的にゴールドステージとなる。また、通常のDCMXまたはdカード(dポイントカードではない)を保有している場合いは自動的にブロンズステージとなる。

継続年数では、15年以上継続しているとシルバーステージ、10年以上継続しているとブロンズステージとなる。

6ヶ月間のdポイント獲得数では1万ポイント以上の場合がゴールドステージ、3,000ポイント以上の場合はシルバーステージ、600ポイント以上の場合はブロンズステージ、それ以外がレギュラーステージとなる。

docomoポイントクラブのステージ制判定

それぞれのステージでの特典は?

ドコモの回線を利用している場合に貯まるポイントとしては、ゴールドステージが1,000円につき100ポイントと1割のポイントが貯まる。それ以外は 1,000円につき10ポイントとレギューラーステージでもシルバーステージでも貯まるポイントは同じだ。ドコモの通信料金で貯まるポイントとしては殆ど 改悪となるだろう。

また、ポイント以外の特典としては、ドコモクーポン、スペシャルクーポン、プレミアムクーポン、dマーケット特典がある。それぞれは以下の様な特典だ。

■ドコモクーポン

ファストフード、カフェ、レストラン、ショッピング、旅行など毎日のくらしで使える優待特典を提供

■スペシャルクーポン

映画館・レジャー・スポーツクラブ・ホテルレストランなどの施設で使える入場券やチケットを優待価格で提供

■プレミアムクーポン

ホテル宿泊・レストランランチ・JALのおもてなし空間・テーマパークでの優待などの最高級の特典を抽選で進呈

■dマーケット特典

dマーケットでの各種コンテンツ利用特典、ショッピングの特別クーポン、イベント招待などを提供

au・ソフトバンク利用者でもDCMX(dカード)契約がおトク

スペシャルクーポンについては、クラブオフ(Club Off)を提供しているリロクラブの提供だ。つまり、ブロンズステージが自動的に付帯するDCMX(dカード)を保有していればクラブオフ(Club Off)を利用できるようなものとなっている。クラブオフはコラムで何度か紹介しているJ’sコンシェルのようなサービスだ。

DCMX(dカード)は年に1回でも利用すれば年会費が無料のクレジットカードで、さらに2015年6月1日(月)より、ローソンでDCMX(dカード)を利用すると、1%のドコモポイント(dポイント)が貯まるだけでなく、請求時に3%割引となるサービスも開始する。2015年12月1日(火)からは、さらにdポイントカードを提示すると1%分のdポイントが貯まるため、最大5%のおトクということだ。

auやソフトバンク利用者でもdポイントクラブに加入することができるようになるが、DCMX(dカード)を保有すれば、スペシャルクーポンを利用でき、ローソンでは最大5%のおトクになる。何故かドコモ利用者や長期利用者に対するメリットは殆ど無い。15年以上利用している利用者の場合はプレミアムクーポンを利用できるとあるが、確実に利用できるものではなく「抽選で」となっている。

例えば、ドコモ利用者の場合はdカード提示で貯まるポイントは100円につき1ポイント、ドコモ以外の利用者の場合は200円につき1ポイントなど差別化を図らなければ、auやソフトバンクに乗り換えてDCMX(dカード)を保有しても何ら問題はないはずだ。ドコモの契約者・長期利用者にメリットがあるようなサービスにしなければ、主力のケータイビジネスに影響が出てくることになるのではないだろうか?

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 916

© 2013 ポイ探

Scroll to top